2014年08月06日

下鴨神社の夏越神事・矢取神事にお出かけ<2014.8.6>

こちらが下鴨神社の鳥居でございま〜す

楼門には《夏越神事》の案内と茅の輪

 下鴨神社の夏越神事・矢取神事に出かけてきたよ。 矢取神事は夏越神事の一つで、午後6時半からお祓いなどの神事が行われ、午後7時から矢取神事が行われるという事だけど、早く行かないと良い場所が取れないという事で午後6時10分頃に下鴨神社の到着すると、まず、楼門に《夏越神事》の案内と茅の輪があったよ。
 良い場所を取る為に、井上社の前の御手洗池に行くと、前から2列目のまずまず良い席を確保できたよ。 しばらく、待っていると午後6時45分頃から井上社で神事が始まったよ。 この時、本殿でも神事が行われているんだ。
 井上社で祝詞があげられたり、お祓いなどの神事の後、午後7時過ぎに本殿での神事が終わった神職と裸男が御手洗池に入場してきたんだ。 そして、大祓の言葉が奏上(そうじょう)された後、人形が投げ入れられると、裸男は御手洗池の中央に立てられた50本の斎串(いぐし)を奪い合うんだ。 近くで見ていると人形が舞い上がると、いっせいに裸男が御手洗池に入って斎串(いぐし)を奪い合う様子がよくわかったよ。 (動画では11分8秒あたりに人形が投げ入れられるよ)
 矢取神事が行われた御手洗池の場所はこの辺だよ。

本殿を横目に見ながら

良い場所を取る為にに御手洗池に

2列目のまずまず良い席を確保

しばらく、待っていると〜

しばらく、待っていると午後6時45分頃から井上社で神事が始まったよ

井上社の前で祝詞があげられる

【動画】井上社の前で祝詞をあげる所

午後7時過ぎに本殿での神事が終わった神職と裸男が御手洗池に入場

大祓の言葉が奏上(そうじょう)される

人形が投げ入れられると裸男は御手洗池立てられた斎串(いぐし)を奪い合う

人形がどんどん投げ入れられる

【動画】下鴨神社の夏越神事・矢取神事「11分8秒頃に矢取が始まる」

終わった後の御手洗池「すごい迫力だったね」

posted by みせばんパンダ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

御金神社の星まつり《直会・缶ビール付き》にお出かけ<2014.8.2>

御金神社の前には無料の金魚すくいとお面

こちらが御金神社の鳥居でございま〜す

まず、御金神社の本殿でお参り 参拝

 今年も御金神社の星まつりにお出かけしてきたよ。 御金神社の場所は西洞院御池を上がったこの辺で、星まつりにはバイキング(缶ビール付き)があるので出かるのが恒例になったね。 いつもの様に御金神社の前には無料の金魚すくいとお面があり、金魚すくいもここでは破れない網ですくうのが当たり前なんだ。
 午後7時過ぎから星まつりが始まって、はじめの挨拶、御幣と火打石でお祓い、本殿の前に置かれた桶に人形流しが行われて、おわりの挨拶、お神酒を頂いて、午後8時頃から神様にお供えした物をみんなでいただく《直会(なおらい)》が始まったんだ。
 神様にお供えした物をみんなでいたたくので、毎年、メニューも少しづつ違っていて、いつものいなり寿司、玉蒟蒻、鶏のから揚げ、フライドポテトなど他に、今年はミニトマトがたくさんあったよ。 いなり寿司が人気があったみたいで、2回目に取りに行ったら、いなり寿司はもうなかったので、ダイエットと健康を考えてミニトマトと玉蒟蒻をたくさん食べて帰ったよ。 今年は人形を書いた時に多い目にお賽銭を入れてから、お腹いっぱい、直会を頂いたんだ。
 今年は小雨が降ったりやんだりという状態だったので少し参列者は少なかったみたいだね。 しかし、蒟蒻を食べている時に「みせばんパンダさんですか? 今日もブログを見て来たんです」と声をかけられたんだ。

金魚すくいの様子「みんな、破れない網ですくっている」

午後7時15分くらいから挨拶

末社から火を持ってくる

火打石を使ってお祓い

【動画】火打石を使って参列者にお祓いをする所

本殿の前に置かれた桶に人形流し

【動画】本殿の前に置かれた桶に人形流し

星まつりの終わりの挨拶

【動画】星まつりの終わりの挨拶

直会の準備が始まったけど、準備が出来るまで、少し待って〜

いなり寿司やミニトマト

鶏のから揚げや玉蒟蒻

さて、位置について、よーい

缶ビール片手に満足、満足「みんなもいっしょにいっぱいやっか〜」

posted by みせばんパンダ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

祇園白川で八朔を見学<2014.8.1>

午前10時半頃、巽橋付近に多くの人

こちらは辰巳大明神

 祇園白川で八朔(はっさく)の様子を見学してきたよ。 八朔とは八月朔日の略で、農家では八月に新しく収穫した穀物をお供えするという意味があるんだけど、祇園花街では日頃からお世話になっているお茶屋さんに「おめでとうさんどす」と言って挨拶回りをする行事なんだ。 挨拶回りは舞妓さんや芸妓さんは黒紋付に白塗りの正装で祇園一帯で行われ、移動の様子を撮影する事が出来るけど、今回は巽橋、辰巳大明神付近で撮影する事にしたんだ。 タクシーで移動する人もいるんだ。
 午前10時半頃、辰巳大明神あたりに到着すると多くの人が来ていたよ。 辰巳大明神の場所はこの辺だよ。
 しばらく、待っていると舞妓さんや芸妓さんが2〜3人から数人のグループで通り過ぎて行くんだ。ただ、どちらの方向から来るかわからないので、ちょっとうろうろするけどね。 何組か通り過ぎる所を撮影して、最後は車で移動する所も撮影して帰ったよ。

まず、辰巳大明神にお参り 参拝

辰巳大明神の北側の道
こちらから歩いてくる事も〜
よそ見をしている間に舞妓さんが歩いてきた

辰巳大明神の前で少し立ち止まってくれたので、いっしょに撮影

人力車で観光客が通りかかったので、ついでに撮影

今度は東の方から歩いてきたよ

少し立ち止まって写真撮影

通り過ぎて巽橋を渡って

一列になって巽橋から南の方に歩いて行く

今度は巽橋の南の方から舞妓さんが歩いてきたよ

【動画】舞妓さんが巽橋の南から歩いてきて辰巳大明神の前を通る

舞妓さんが汗をふきながら歩いてきたよ「やはり暑いんだろうね」

巽橋で少し立ち止まって写真撮影

辰巳大明神に歩いて行く後姿

辰巳大明神でも立ち止まったけど
人が多くて見えない
汗をふきながら出てきたよ

【動画】舞妓さんが巽橋と辰巳大明神で少し立ち止まってから歩いて行く所

最後は舞妓さんがタクシーで移動する所を撮影

【動画】舞妓さんがタクシーで移動する所

posted by みせばんパンダ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

エクシブ鳥羽にお泊りして与吉屋で岩がきの定食を食べたよ<2014.7.12〜13>

こちらがエクシブ鳥羽アネックス

エクシブ鳥羽アネックスのエントランス

 2年前にも鳥羽の岩がきを食べに行ったけど、8月のお盆の頃でシーズンの終盤だったので、今年は7月中旬に訪れる事にしたんだ。

 まず、初日はエクシブ鳥羽アネックスに泊まったんだ。 エクシブ鳥羽アネックスの場所は近鉄鳥羽駅から南東のこの辺で、今まで、何度が泊まっているエクシブシリーズのホテルの1つで、会員制だけど例によって手配をしてもらって泊まったんだ。
 初日は少しホテルを散策したけど、この頃に建てられたエクシブのホテルにはプールがあるのが当たり前でエクシブ鳥羽にも屋外プールと室内プールがあるけど、最近、建てられたエクシブ京都八瀬離宮やエクシブ有馬離宮には温泉大浴場や露天風呂はあるけど、プールはないんだ。 建てられた時のトレンドなんだろうね。 エクシブ鳥羽には後で自前で掘った温泉と温泉大浴場があるんだ。 夜になると1階のラウンジでライブをやっていたので、それを少し見て、温泉大浴場に入ってから寝たんだ。

これが、今晩、泊まる部屋

右のソファーはベッドにもなる

ソファーで、しばし、くつろぐ

窓の向こうに見えるのはエクシブ鳥羽本館

ホテル内を少し散策

今回はプールには入らず

夜は1階のラウンジでライブ「これは注文しなくてもロビー横の椅子で見られる」

【動画】エクシブ鳥羽アネックスのラウンジでサックスとピアノのライブ

左が温泉大浴場、正面に本館

温泉大浴場の入口

温泉大浴場の様子「浴場は人がいたので撮影は出来ず」

お風呂に入って少しテレビを見てから、おやすみなサイダーおやすみ

パールライン沿いの展望台

少し曇っていてあまり遠くまで見えなかった

 翌朝は鳥羽の岩がきを食べる為にパールラインを南下したんだ。 エクシブ鳥羽を過ぎると「岩がき」の看板があちこちにあり、a href="http://miseban-panda.seesaa.net/article/287950100.html" target="_blank">前回は3軒目くらいのバラック建てのお店に入ったけど、さらに先に行くと岩がきのお店は色々あったので今回はもう少し先の食堂らしいお店に入る事にしたんだ。
 そんな中で、そんなに高級そうでもなく、ちゃんとした建物の「旬の旨いもん処 与吉屋」というお店に入ったんだ。 メニューの中から岩がきが入っている「貝盛り定食1850円」を注文したんだ。 ちゃんとした食堂なら定食もあるので良いよね。
 岩がきの方は期待通りに大きくて美味しかったよ。 焼かき1個105円だったので2個追加で注文したら「パンダちゃんが可愛いから」じゃなくて「小さいからって」3個持ってきてくれたんだ。105円でこの大きさなら大満足だったよ。

このお店が良さそうだね「旬の旨いもん処 与吉屋」

メニュー

テーブル席から海が見えたよ

店内の様子「奥の方」

店内の様子「入口側」

「貝盛り定食1850円」が来たよ

岩がきのアップ「迫力があるね」

横のたこも迫力があったよ

焼かき1個105円を2個追加で注文「小さいからって3個持ってきてくれたよ」

posted by みせばんパンダ at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お泊り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

粟田神社の夏越しの大祓にお出かけ<2014.6.30>

こちらが粟田神社の鳥居でございま〜す

鳥居をくぐって坂をあがる

 粟田神社の夏越しの大祓にお出かけしてきたよ。 粟田神社の場所はこの辺だよ。

 午後4時から始まると聞いていたので10分くらい前に行くと徐々に人が集まってきて、まず、午後4時から本殿で神事が始まったんだ。 宮司さんが祝詞をあげてから人形と清めの紙が配られて、清めの紙は体にふりかけて、人形は体に汚れをこすりつけた後、巫女さんが回収するんだ。

 その後、いよいよ、宮司さんが先頭で茅の輪くぐりが始まり、3回、茅の輪をくぐった後、本殿の前で「水無月」と「ミニ茅の輪」がいただけるんだ。 どちらも売っている所もあり、粟田神社はお得だね。

今年の干支の馬の像

「納涼ビアガーデン」と
「夏越しの大祓」の案内
能舞台には粟田祭の大燈呂のミニチュア

境内に人が集まってきた

境内に用意された茅の輪

午後4時頃から本殿で神事が始まったよ

宮司さんが祝詞をあげる

人形と清めの紙が配られる

体を清めた後、人形は回収される

茅の輪くぐりが始まる

【動画】粟田神社の夏越しの大祓で茅の輪をくぐる所

宮司さんの後ろに並んで茅の輪くぐりが始まったよ「1回目の茅の輪をくぐる所」

2回目の茅の輪をくぐる所

3回目の茅の輪をくぐる所

その後、本殿の前で「水無月」と「ミニ茅の輪」がいただけるんだ

いただいた「水無月」と「ミニ茅の輪」
どちらも売っている所もあり、粟田神社はお得だね

posted by みせばんパンダ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

聖護院門跡の高祖会・採灯大護摩供にお出かけ<2014.6.7>

山伏さんたちが聖護院門跡に到着した所

山伏さんたちが聖護院門跡に入る所

 聖護院門跡の高祖会・採灯大護摩供にお出かけしてきたよ。 聖護院門跡の場所はこの辺だよ。
 高祖会・採灯大護摩供は役行者が6月7日に入寂されたことを偲んで行われるんだって。 午後3時から始まるという事でちょうど午後3時頃に到着すると山伏さんたちが聖護院門跡に到着した所だったよ。 そして、本堂の前に整列が終わると山伏問答が始まったんだ。 山伏とは「修験道の開祖とは?」「修験道の本尊とは?」「肩にかけたけさとは?」などの質問に答えるんだ。
 その後、矢を四方と中央と鬼門に放ち、刀とオノで清めの儀式が行われるんだ。 そして、儀式が終わると採灯大護摩に点火して、白い煙が立ちのぼって燃え上がった採灯大護摩に護摩木を投げ入れるんだ。
 そして、採灯大護摩が終わると山伏さんたちは退場して行ったんだ。 終わったのは午後4時頃だったよ。

山伏さんたちが本堂の前に整列

問答をしている所「向こう側なのでよく見えない」

矢を四方と中央と鬼門に放って清める

刀で清める

オノで清める

【動画】問答から矢、刀、オノで清めの儀式が行われる

そして、儀式が終わると採灯大護摩に点火するんだ

白い煙が立ち上った採灯大護摩に護摩木を投げ入れるんだ

【動画】採灯大護摩に点火して、燃え上がった採灯大護摩に護摩木を投げ入れる

燃え上がった採灯大護摩にどんどん護摩木を投げ入れる

採灯大護摩供で採灯大護摩が終わると退場

【動画】大護摩供で採灯大護摩が終わると退場

終わった後、みなさんは直会

午後4時15分頃に帰ったよ

posted by みせばんパンダ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

祇園放生会にお出かけ<2014.6.1>

巽橋付近には多くの人

黒山の人だかりで先が見えない

 祇園放生会にお出かけしてきたよ。 祇園放生会というのは辰巳大明神の前で説法などの神事が行われて、その後、舞妓さんや一般の人が巽橋から金魚や鯉を白川に放流する行事なんだ。 辰巳大明神の場所はこの辺だよ。
 午後12時20分頃から舞妓さんによる鯉や金魚の放流が行われると聞いていたけど、巽橋に到着したのは午後12時40分頃で巽橋付近は黒山の人だかりで、まったく、先の様子が見えない状態だったよ。
 比叡山の阿闍梨師が奉修「放生会」を行って、帰りに加持を行って帰って行ったよ。 その後、舞妓さんのミニ撮影会があったけど、気が付かず、帰る所だけ撮影したけどね。
 一般の人も鯉や金魚の放流が出来るので、鯉や金魚の放流をして、白川を涼しそうに泳いでいる鯉や金魚を少し見てから帰ったよ。

比叡山の阿闍梨師が加持を行って帰って行った

一般の人の放流に混じって日本髪の芸妓さんも

少し人が減って巽橋が見える

これから放流される鯉や金魚

舞妓さんのミニ撮影会が行われていて終わって帰る所

舞妓さんが帰る所を近くで撮影

舞妓さんの帰る所を撮影

午後1時頃になると人が少なくなったので放流する事にしたよ

放流した鯉や金魚が元気に泳いでいるね

【動画】祇園放生会で白川に放流された金魚

放生会の案内

白川で元気に泳いでいるね

帰りに辰巳大明神にお参り 参拝

posted by みせばんパンダ at 19:32| Comment(3) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

菅大臣天満宮例祭の狂言を鑑賞<2014.5.11>

こちらが菅大臣天満宮の鳥居でございま〜す

本殿の前には多くの人

お神輿はすでに到着

 菅大臣天満宮例祭は5月第2日曜日に前日に宵宮が菅大臣天満宮で行われ、狂言も行われるというのでお出かけしてきたよ。 菅大臣天満宮の場所はこの辺だよ。

 午後2時から狂言が行われるというので10分位前に行くと本殿の前には多くの人で座る席はすでに満席で、午前中に出発したお神輿も本殿の前に到着していたよ。 午後2時になると本殿の中で狂言の演者さんたちのお祓いがあってから狂言が始まったんだ。

 まず、最初は《柿山伏》で、喉がかわいた山伏が柿を盗み食いしている所に持ち主がやってきてからかわれ、柿のから落ちて怪我をすると、今度は山伏が「家に連れて行って怪我の看病をしろ」と言うお話。

 2つ目は《鬼瓦》で、鬼瓦を見た大名が「鬼瓦の団栗眼や団子鼻、大きな口が故郷で待つ妻の顔と生き写し」と言って泣き出すが「目出度い旅立ちに涙は不要」と言って大笑いするお話。

 最後は《口真似》で、ご主人が「お酒の相手を探してこい」と言って、太郎冠者が連れてきたのは有名な酒乱の人物で、穏やかに帰そうと太郎冠者に自分の言うとおりに行動するようにと言いつけると何もかも真似をして滅茶苦茶になるというお話。

午後2時になると本殿の中で演者さんたちのお祓い

菅大臣天満宮例祭で狂言《柿山伏》

山伏が「家に連れて行って怪我の看病をしろ」と言う

【動画】菅大臣天満宮例祭で狂言《柿山伏》

《鬼瓦》大名が鬼瓦を指差して「あれは何か?」と尋ねる

大笑いして終わり

【動画】菅大臣天満宮例祭で狂言《鬼瓦》

《口真似》太郎冠者が何もかも真似をして滅茶苦茶になるというお話

【動画】菅大臣天満宮例祭で狂言《口真似》

その後、境内を散策「町内会の催しと一緒になっているみたいで子供はゲーム遊び」

こちらでは餅つき「町内会の人は無料」

境内を散策している間に本殿が片付けられていたのでお参りしてから帰ったよ

posted by みせばんパンダ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語・狂言の奉納会にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

上御霊神社のイチハツ(一初)は見頃《御霊祭は5月18日》<2014.5.6>

こちらが上御霊神社の鳥居でございま〜す

鳥居の右手(南側)のお堀のイチハツ

 いつも5月18日の御霊祭の時に上御霊神社に行くとイチハツ(一初)は終盤なので今年は連休の最終日の5月6日に上御霊神社に行ってみたよ。 上御霊神社の場所はこの辺だよ。
 まず、上御霊神社鳥居の右手のお堀にイチハツがたくさん咲いていたよ。 今までで、一番、咲いていたんじゃないかと思うよ。 楼門をくぐると楼門の横にもイチハツが咲いていたよ。
 境内を散策すると拝殿にはお神輿が飾られていたよ。 今年の5月18日の御霊祭は日曜になるので多くの人が見学するだろうね。
 その後、本殿でお参りしてから南の鳥居から出て帰ったけど、南の鳥居付近の境内やお堀にもイチハツがたくさん咲いていたよ。 上御霊神社は応仁の乱勃発の地としても有名だけど、応仁の乱の時、このお堀も血に染まっていたのかも知れないと考えると感慨深いものはあるね。

鳥居の右手(南側)のお堀のイチハツをアップで撮影「ちょうど見頃だね」

楼門をくぐると拝殿

楼門に貼られていた御霊祭の案内

楼門の横にもイチハツが咲いていたよ

拝殿にはお神輿が飾られていたよ

これは反対側(本殿側から見た所

これはつつじと新芽の時から紅色の葉の楓

こちらが上御霊神社の本殿

本殿でお参り 参拝

これは境内の南の鳥居の横のイチハツ

これも南の鳥居の横のイチハツ

南の鳥居から外に出てみる

南の鳥居の西側のお堀のイチハツ「応仁の乱の頃の事を考えると感慨深いね」

南の鳥居のお堀のイチハツのアップ「このあたりもちょうど見頃だね」

posted by みせばんパンダ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

蹴上浄水場のつつじの一般公開最終日にお出かけ<2014.5.6>

東出入口から入った所のつつじ

 今年の蹴上浄水場のつつじの一般公開は「平成26年5月3日(土)〜5月6日(火)まで、9:00〜16:00(入場は15:30まで)」だったけど、今年はつつじの開花が遅かったので最終日の<2014.5.6>にお出かけしてきたよ。 蹴上浄水場の東出入口の場所はこの辺だよ。
 東出入口から入って小高い山の一番高い所まで行って、そこに無料の麦茶があるのでひとやすみしてから西側の斜面を降りて帰ったけど、ゆっくり歩いて1時間位。 そこそこ咲いているつつじもあったけど、まだ、これからという感じでつぼみのあるつつじも多かったよ。 前日は雨だったけど、この日は天気も良く、小高い山を登ると少し汗をかく位の気温で、お弁当を食べている人もいたよ。

東出入口からもう少し入った所のつつじ

白いつつじ「まだ、つぼみもたくさんあるね」

ここから坂を上がってゆく

だいぶ、坂を上がった所「空には飛行機雲なのか面白い線状の雲」

ピンク色のつつじは珍しいね

途中の広場が開放されていたけど通り抜けができないので坂を登って行く

線状の空の雲「飛行機雲にしては形が少し形が変ですね」

この上が一番高い所

ここを上がると

麦茶の無料コーナー

麦茶をいただいて

向こうにお弁当を食べている人

ここが一番高い所のオレンジ色のつつじ

少し降りた所に黄色のレンゲツツジ「多くの人だね」

景色の良い所に黄色のレンゲツツジ

もう少し下がった所にレンガ造りのお城の様な《第1高区排水池》

与謝野晶子の歌碑「手前のオレンジ色のつつじはだいぶ散った後」

《つつじのトンネル》の入口

これが《つつじのトンネル》

本館の裏の斜面の鉢植えのつつじ「こちらのつつじもだいぶ咲いているね」

蹴上浄水場の北出入口「左に地下鉄蹴上駅があり、ここから入る人が多いです」

posted by みせばんパンダ at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする