2014年10月12日

粟田神社の粟田祭の前々夜祭《お神輿の巡行は中止》<2014.10.11>

粟田神社の鳥居の横には大燈呂

ここに大燈呂が飾られるのは昨年から

ここから階段をあがってゆく

 今年も粟田神社の粟田祭の前々夜祭に行ってきたよ。 粟田神社の場所はこの辺だよ。

 粟田祭は前々夜祭には《石見神楽》《ビンゴゲーム》《お入れ祭》、前夜祭に《夜渡り神事》、体育の日に《神幸祭》、そして、10月15日には《例大祭》が行われるんだ。

 石見神楽は午後6時半から始まるという事で、午後6時頃に粟田神社に到着すると、もう用意された席の前半分位はいっぱいで、年々、人が多くなってきているみたいだったよ。 最前列の端に持って行った自前の椅子に座って見学したんだ。

 最初の挨拶で「台風19号が近づいているので神幸祭のお神輿や剣鉾の巡行は中止します」という案内があったんだ。 まず、石見神楽の《えびす大黒》があり、その後、最前列に座っている人で帰る人がいて、その席を譲ってもらって次の《八岐大蛇》は最前列に座って見たんだ。 しかし、《えびす大黒》の時に飴を配る為に最前列の前に広く空けていた所に小学生が立って見ていて後の人の邪魔になっていたので口うるさいパンダになって「他の人は邪魔にならない様に座って見ているでしょう。立って見ていると後の人が見えないよ」と注意したら素直に座ってくれたよ。

階段をあがると

30分前なのに多くの人

最前列の横の場所を確保

宮司さんによる最初の挨拶

【動画】粟田神社の粟田祭の前々夜祭の挨拶《お神輿の巡行は中止の発表》

【動画】粟田神社の粟田祭の前々夜祭の石見神楽《前奏と挨拶》

《えびす大黒》が始まったよ

鯛の撒きえの飴を投げる

鯛を釣り上げた所

【動画】粟田神社の粟田祭の前々夜祭の石見神楽《えびす大黒》

《八岐大蛇》が始まるまでの休憩

《八岐大蛇》7番目の娘が登場

7番目の娘が八岐大蛇に食べられる所から始まる「昨年と演出が違うね」

両親が強いお酒を用意

再び、八岐大蛇が登場

【動画】粟田神社の粟田祭の前々夜祭の石見神楽《八岐大蛇》前半

八岐大蛇がお酒を飲む

スサノウノミコトさんが登場
口うるさいパンダになって注意
【動画】石見神楽《八岐大蛇》中盤「前で立っている子供が邪魔」

スサノウノミコトさんが八岐大蛇を退治

八岐大の首を切り取って

エンディング

【動画】石見神楽《八岐大蛇》終盤「前で立っていた子供に座ってもらった」

ビンゴゲームが始まるよ

当選者が出てきたね

 石見神楽の後、ビンゴゲームが始まったけど、2つの大きなミスをしてしまったんだ。
 1つ目のミスは入口で貰ったビンゴカードを石見神楽を見学していたり、境内を散策している間になくしてしまったんだ。
 2つ目のミスはビンゴゲーム用に持って行ったバヤリースオレンジはハズレの人が少なくなる様に1人1本づつ30人に最下位賞として使って欲しいと思って持って行ったんだけど、それをちゃんと言わなかったので「1箱30本」の賞で当った人がいたんだ。1箱30本は持って帰るのは大変だったと思うけどごめんね。 来年はちゃんと言う事にするよ。

 その後、午後11時頃から本殿の神様をお神輿に移す《お入れ祭》があったので、それも見学して動画も撮影したけど、本殿からお神輿に移る時は電気が消されて真っ暗なので、ほとんど音しか聞こえないと思うよ。

ビンゴカードをなくしたので都ホテルの美味しいカレー(500円)をいただきマンモス 御馳走

境内を散策「拝殿に飾られたお神輿」

本殿でお参り 参拝

本殿に掲示された中止の案内

午後11時頃、本殿の前に人が集り

《お入れ祭》が始まったよ

お祓いが行われた後

【動画】お入れ祭で神様が本殿からお神輿に「ほとんど真っ暗で音だけ」

帰りに階段の途中の鳳輦を撮影
ここで「ブログを見てるよ」と
声をかけられたよ
鳥居の横の大燈呂


posted by みせばんパンダ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

粟田神社の粟田祭は10月11〜15日「ビンゴ大会用にジュースを寄付」

粟田神社の鳥居の前まで到着

 粟田神社の粟田祭は10月11〜15日にあるんだ。 粟田神社の場所はこの辺だよ。
 昨年も粟田神社の粟田祭の前々夜祭に行ったけど、ビンゴ大会では何も景品が貰えなかったので、ジュース1本でも貰えた方が嬉しいと思って、今年は自分でビンゴ大会の景品用に「バヤリースオレンジ1箱30本」を持って行ったよ。 粟田神社は階段があるけど、えっちらおっちら担いで社務所まで持って行ったよ。 もしかしたら、今年は自分が持って行ったジュースが当るかも?

えっちらおっちら階段をあがって

拝殿まで到着

本殿の前までジュースを運んで

まず、本殿にお供えして

本殿でお参り 参拝

社務所にビンゴ大会用のジュースを届けてから少し境内を散策
まだ、拝殿にお神輿は飾られていなかったよ

能舞台には粟田祭に登場するだろうと思われる大燈呂のミニチュア


粟田神社の粟田祭の案内のパンフレット

posted by みせばんパンダ at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

《高瀬川舟まつり》にお出かけ<2014.9.23>

こちらは木屋町御池側の《高瀬川舟まつり》
の会場の入口でございま〜す

今年は売店や休憩用の椅子も用意されていて

 今年も、毎年、秋分の日に行われる《高瀬川舟まつり》にお出かけしてきたよ。 《高瀬川舟まつり》の会場は二条木屋町を少し下がった《高瀬川一之船入》あたりのこの辺で、この日は木屋町通りは二条通りから御池通りまでの間、歩行者になるんだ。

 今年は少し早く、午後2時前に会場に行くと、今年は新撰組の登場やチャンバラの実演はなく、学生による落語会《河原町笑学亭》が行われていたよ。 しかし、落語の途中でお茶席の方で舞妓さんが出てきてお茶を振舞っていたので、気になって、しばらく、お茶席の方を見に行ったんだ。

 その後、お茶席で舞妓さんのミニ撮影会をやっていて、その後、恒例の年に1回しか乗れない高瀬舟に乗ってから帰ったんだ。

こちらはお茶席

学生による落語会

【動画】《高瀬川舟まつり》で学生による落語《時そば》

次は学生による落語《阿弥陀池》

【動画】《高瀬川舟まつり》で学生による落語《阿弥陀池》

お茶席に舞妓さんが出てきて

舞妓さんがお茶を振舞っていたよ

【動画】《高瀬川舟まつり》でお茶席で舞妓さんがお茶を振舞っている所

お茶席では舞妓さんのミニ撮影会

ちょっと遠かったのでツーショット(スリーショット)は難しかった

年1回しか乗れない高瀬舟に乗る

これは高瀬舟の後方

高瀬舟の先頭に座って気持ち良いね「昨年、高瀬舟も新調されたので綺麗しね」

posted by みせばんパンダ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

御金神社の秋季例大祭は9月27日28日「お祭り用にジュースとサイダーを寄付」

御金神社の前まで、えっちらおっちら
寄付用のジュースとサイダーを持ってきたよ

 御金神社の秋季例大祭は9月27日28日にあるんだ。 御金神社の場所は西洞院御池を上がったこの辺だよ。
 去年は「子供神輿巡行」と「宵宮《大道芸と直会》」にお出かけしたけど、いつも「直会(なおらい)」で食べてばかりでは申し訳ないので、今年は子供神輿巡行の後の飲み物にも良いかと思ってお祭り用にジュースとサイダーを持って行ったんだ。
 えっちらおっちら担いで社務所まで持って行って「『みせばんパンダのお散歩日記』の名前で寄付をしたいんですけど〜」と言うとパンダからの寄付も受け取ってくれたよ。 秋季例大祭に行った時の様子は、また、後日、紹介するね。

御金神社の前には秋季例大祭の案内「クリックすると大きな画像で表示」

まず、本殿でお参り 参拝

境内はいつもと同じ

えっちらおっちら社務所まで持ってきて
「お祭り用の寄付のジュースとサイダーを持ってきたよ〜」

色々な寄付のメニュー

 後日、御金神社の立ち寄ってみると本殿にジュースとサイダーがお供えしてあったよ。「みせばんパンダのお散歩日記」では少し名前が長すぎたかな〜  次回は、もう少し短い名前にしようっと。
 神社の掲示板に色々な寄付のメニューが書かれていたよ。 のぼりが2千円で、提灯は電気代共で6千円(表通りは8千円)だって。

御金神社の本殿にジュースとサイダーがお供えしてあったよ
「みせばんパンダのお散歩日記」では少し名前が長すぎたかな〜

posted by みせばんパンダ at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

京都植物園の名月鑑賞の夕べ《くまモン》《まゆまろ》も登場<2013.9.8>

こちらが京都植物園の南出入口

入口を入ると生け花の展示

 京都植物園では中秋の名月の日の夜は、」いつも有料の園内に無料で入れて、コンサートがあったり、夜に咲く花の展示がされているというので、お出かけしてきたよ。 京都植物園の場所はこの辺だよ。
 午後6時から夜の開園と聞いていたので、午後6時20分頃に到着すると続々と人が中に入っていたので、人の流れに従って歩いて行くとコンサートが行われている広場にたどり着いて、ステージでは《くまモン》と《まゆまろ》が登場していたよ。 《まゆまろ》は今は京都植物園の宣伝隊長をやっているんだって。 コンサートが進むにつれてお月さんものぼってきて、再び、《くまモン》と《まゆまろ》が登場して、その後もトークや唄を歌っていたけど園内を散策する事にしたんだ。
 ログハウス風の食堂で本日限定の《満月うどん》を食べて、午後8時半頃に北出入口から帰ると、ここには夜に咲く花が何種類か展示されていたよ。

人の流れに従って歩いて行くとコンサートが行われている広場に〜

ステージでは《くまモン》と《まゆまろ》が登場

コンサートが進むにつれてお月さんものぼってきたよ

まん丸なお月さん

再び、《まゆまろ》と《くまモン》が登場してじゃんけん大会

【動画】京都植物園の名月鑑賞の夕べで《くまモン》と《まゆまろ》が登場

ステージではトークや唄を歌っていたけど園内を散策する事に〜

ログハウス風の食堂で本日限定の《満月うどん》

いただきマンモス 御馳走

夜に咲く《オオオニバスの花》

《オオオニバス》は葉っぱが大きいのも印象的だね

《ケチョウセナサガオ》北出入口は夜に咲く花が何種類か展示されていたよ


《ヒメガッカビジン(姫月下美人)》

こちらは《ヨルガオ》

《ヨルガオ》の前でお約束の写真

京都植物園の名月鑑賞の夕べの案内パンフレット

posted by みせばんパンダ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

六地蔵巡り《浄禅寺(鳥羽地蔵)》にお出かけ<2014.8.22>

こちらは《鳥羽地蔵尊》側の入口

入口には六斎念仏の案内

 六地蔵巡りで《浄禅寺》にお出かけしてきたよ。 京都では8月22〜23日に『六地蔵巡り』が行われていて、「浄禅寺(鳥羽地蔵)」もその1つで、後の5つは「上善寺(鞍馬口地蔵)」「源光寺(常磐地蔵)」「地蔵寺(桂地蔵)」「徳林庵(山科地蔵)」「大善寺(伏見六地蔵)」なんだ。 《浄禅寺》の場所は名神京都南ICの少し北のこの辺だよ。
 入口は2つあって、北側の入口から入ると《鳥羽地蔵尊》があり、南側の入口から入ると《浄禅寺》があるんだ。 午後8時から上鳥羽六斎念仏があり、午後6時40分頃に訪れると浴衣を来た人が準備を始めていたよ。
 北側の入口から入ると左手に所があって、正面に鳥羽地蔵尊があり、鳥羽地蔵尊の左手にはたくさんのお地蔵さんがいたよ。
 南側の入口から入ると浄禅寺があるけど、中に入ると境は特になく、隣に建物が並んでいるんだ。 次に行く予定の所があったので午後7時前には浄禅寺を出たんだ。

門をくぐると境内に入ると左に水塔婆を書く所、正面に鳥羽地蔵尊》

こちらで水塔婆を書いてもらう

こちらがメニュー

手水舎で手を清めて

右手には六斎念仏見学用の椅子

鳥羽地蔵尊でお参り お参り

鳥羽地蔵尊の左手にお地蔵さん

水塔婆をお供えする人

こちらは浄禅寺の入り口

こちらが浄禅寺

浄禅寺でお参り お参り

六斎念仏の準備を始めた人たち

posted by みせばんパンダ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

下鴨神社の夏越神事・矢取神事にお出かけ<2014.8.6>

こちらが下鴨神社の鳥居でございま〜す

楼門には《夏越神事》の案内と茅の輪

 下鴨神社の夏越神事・矢取神事に出かけてきたよ。 矢取神事は夏越神事の一つで、午後6時半からお祓いなどの神事が行われ、午後7時から矢取神事が行われるという事だけど、早く行かないと良い場所が取れないという事で午後6時10分頃に下鴨神社の到着すると、まず、楼門に《夏越神事》の案内と茅の輪があったよ。
 良い場所を取る為に、井上社の前の御手洗池に行くと、前から2列目のまずまず良い席を確保できたよ。 しばらく、待っていると午後6時45分頃から井上社で神事が始まったよ。 この時、本殿でも神事が行われているんだ。
 井上社で祝詞があげられたり、お祓いなどの神事の後、午後7時過ぎに本殿での神事が終わった神職と裸男が御手洗池に入場してきたんだ。 そして、大祓の言葉が奏上(そうじょう)された後、人形が投げ入れられると、裸男は御手洗池の中央に立てられた50本の斎串(いぐし)を奪い合うんだ。 近くで見ていると人形が舞い上がると、いっせいに裸男が御手洗池に入って斎串(いぐし)を奪い合う様子がよくわかったよ。 (動画では11分8秒あたりに人形が投げ入れられるよ)
 矢取神事が行われた御手洗池の場所はこの辺だよ。

本殿を横目に見ながら

良い場所を取る為にに御手洗池に

2列目のまずまず良い席を確保

しばらく、待っていると〜

しばらく、待っていると午後6時45分頃から井上社で神事が始まったよ

井上社の前で祝詞があげられる

【動画】井上社の前で祝詞をあげる所

午後7時過ぎに本殿での神事が終わった神職と裸男が御手洗池に入場

大祓の言葉が奏上(そうじょう)される

人形が投げ入れられると裸男は御手洗池立てられた斎串(いぐし)を奪い合う

人形がどんどん投げ入れられる

【動画】下鴨神社の夏越神事・矢取神事「11分8秒頃に矢取が始まる」

終わった後の御手洗池「すごい迫力だったね」

posted by みせばんパンダ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

御金神社の星まつり《直会・缶ビール付き》にお出かけ<2014.8.2>

御金神社の前には無料の金魚すくいとお面

こちらが御金神社の鳥居でございま〜す

まず、御金神社の本殿でお参り 参拝

 今年も御金神社の星まつりにお出かけしてきたよ。 御金神社の場所は西洞院御池を上がったこの辺で、星まつりにはバイキング(缶ビール付き)があるので出かるのが恒例になったね。 いつもの様に御金神社の前には無料の金魚すくいとお面があり、金魚すくいもここでは破れない網ですくうのが当たり前なんだ。
 午後7時過ぎから星まつりが始まって、はじめの挨拶、御幣と火打石でお祓い、本殿の前に置かれた桶に人形流しが行われて、おわりの挨拶、お神酒を頂いて、午後8時頃から神様にお供えした物をみんなでいただく《直会(なおらい)》が始まったんだ。
 神様にお供えした物をみんなでいたたくので、毎年、メニューも少しづつ違っていて、いつものいなり寿司、玉蒟蒻、鶏のから揚げ、フライドポテトなど他に、今年はミニトマトがたくさんあったよ。 いなり寿司が人気があったみたいで、2回目に取りに行ったら、いなり寿司はもうなかったので、ダイエットと健康を考えてミニトマトと玉蒟蒻をたくさん食べて帰ったよ。 今年は人形を書いた時に多い目にお賽銭を入れてから、お腹いっぱい、直会を頂いたんだ。
 今年は小雨が降ったりやんだりという状態だったので少し参列者は少なかったみたいだね。 しかし、蒟蒻を食べている時に「みせばんパンダさんですか? 今日もブログを見て来たんです」と声をかけられたんだ。

金魚すくいの様子「みんな、破れない網ですくっている」

午後7時15分くらいから挨拶

末社から火を持ってくる

火打石を使ってお祓い

【動画】火打石を使って参列者にお祓いをする所

本殿の前に置かれた桶に人形流し

【動画】本殿の前に置かれた桶に人形流し

星まつりの終わりの挨拶

【動画】星まつりの終わりの挨拶

直会の準備が始まったけど、準備が出来るまで、少し待って〜

いなり寿司やミニトマト

鶏のから揚げや玉蒟蒻

さて、位置について、よーい

缶ビール片手に満足、満足「みんなもいっしょにいっぱいやっか〜」

posted by みせばんパンダ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

祇園白川で八朔を見学<2014.8.1>

午前10時半頃、巽橋付近に多くの人

こちらは辰巳大明神

 祇園白川で八朔(はっさく)の様子を見学してきたよ。 八朔とは八月朔日の略で、農家では八月に新しく収穫した穀物をお供えするという意味があるんだけど、祇園花街では日頃からお世話になっているお茶屋さんに「おめでとうさんどす」と言って挨拶回りをする行事なんだ。 挨拶回りは舞妓さんや芸妓さんは黒紋付に白塗りの正装で祇園一帯で行われ、移動の様子を撮影する事が出来るけど、今回は巽橋、辰巳大明神付近で撮影する事にしたんだ。 タクシーで移動する人もいるんだ。
 午前10時半頃、辰巳大明神あたりに到着すると多くの人が来ていたよ。 辰巳大明神の場所はこの辺だよ。
 しばらく、待っていると舞妓さんや芸妓さんが2〜3人から数人のグループで通り過ぎて行くんだ。ただ、どちらの方向から来るかわからないので、ちょっとうろうろするけどね。 何組か通り過ぎる所を撮影して、最後は車で移動する所も撮影して帰ったよ。

まず、辰巳大明神にお参り 参拝

辰巳大明神の北側の道
こちらから歩いてくる事も〜
よそ見をしている間に舞妓さんが歩いてきた

辰巳大明神の前で少し立ち止まってくれたので、いっしょに撮影

人力車で観光客が通りかかったので、ついでに撮影

今度は東の方から歩いてきたよ

少し立ち止まって写真撮影

通り過ぎて巽橋を渡って

一列になって巽橋から南の方に歩いて行く

今度は巽橋の南の方から舞妓さんが歩いてきたよ

【動画】舞妓さんが巽橋の南から歩いてきて辰巳大明神の前を通る

舞妓さんが汗をふきながら歩いてきたよ「やはり暑いんだろうね」

巽橋で少し立ち止まって写真撮影

辰巳大明神に歩いて行く後姿

辰巳大明神でも立ち止まったけど
人が多くて見えない
汗をふきながら出てきたよ

【動画】舞妓さんが巽橋と辰巳大明神で少し立ち止まってから歩いて行く所

最後は舞妓さんがタクシーで移動する所を撮影

【動画】舞妓さんがタクシーで移動する所

posted by みせばんパンダ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

粟田神社の夏越しの大祓にお出かけ<2014.6.30>

こちらが粟田神社の鳥居でございま〜す

鳥居をくぐって坂をあがる

 粟田神社の夏越しの大祓にお出かけしてきたよ。 粟田神社の場所はこの辺だよ。

 午後4時から始まると聞いていたので10分くらい前に行くと徐々に人が集まってきて、まず、午後4時から本殿で神事が始まったんだ。 宮司さんが祝詞をあげてから人形と清めの紙が配られて、清めの紙は体にふりかけて、人形は体に汚れをこすりつけた後、巫女さんが回収するんだ。

 その後、いよいよ、宮司さんが先頭で茅の輪くぐりが始まり、3回、茅の輪をくぐった後、本殿の前で「水無月」と「ミニ茅の輪」がいただけるんだ。 どちらも売っている所もあり、粟田神社はお得だね。

今年の干支の馬の像

「納涼ビアガーデン」と
「夏越しの大祓」の案内
能舞台には粟田祭の大燈呂のミニチュア

境内に人が集まってきた

境内に用意された茅の輪

午後4時頃から本殿で神事が始まったよ

宮司さんが祝詞をあげる

人形と清めの紙が配られる

体を清めた後、人形は回収される

茅の輪くぐりが始まる

【動画】粟田神社の夏越しの大祓で茅の輪をくぐる所

宮司さんの後ろに並んで茅の輪くぐりが始まったよ「1回目の茅の輪をくぐる所」

2回目の茅の輪をくぐる所

3回目の茅の輪をくぐる所

その後、本殿の前で「水無月」と「ミニ茅の輪」がいただけるんだ

いただいた「水無月」と「ミニ茅の輪」
どちらも売っている所もあり、粟田神社はお得だね

posted by みせばんパンダ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。