2012年03月27日

大きな梅の木がある下御霊神社にお散歩<2012.3.25>

こちらが下御霊神社の鳥居でございま〜す

 下御霊神社に大きな梅の木があるというのでお散歩に行ってきたよ。 下御霊神社には今まで《節分》や《宵宮(お祭)》の時に来た事があるけど、場所は寺町丸太町を少し下がった東側のこの辺だよ。
 外(寺町通り)からも拝殿の向こうに紅梅が見えて、境内に入ると、本殿の左(北西)に大きな梅の木があって、ちょうど見頃だったよ。 境内には、本殿の左(北西)の大きな紅梅と横にもう1本紅梅があって(こちらも大きい)、梅の木は2本だけだったけど、これだけ大きな梅の木はちょっと珍しいと思うよ。

境内に入ると拝殿の向こうに紅梅

境内に入ると左手に手水舎
ここの水も汲んで持って帰れるよ
本殿の左(北西)に2本の大きな紅梅

本殿と紅梅に近づいて行く

下御霊神社の本殿でお参り 参拝

こちらは本殿から離れた方の紅梅「こちらも大きな梅の木だね」

紅梅の上の方の花を本殿の屋根をバックに撮影

最後にお決まりの花に囲まれた写真を撮影

/td
posted by みせばんパンダ at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

梅が見頃の京都御苑にお散歩<2012.3.13>

出水口から京都御苑の中を見た所

出水口から入って左の紅梅と白梅は見頃

 京都御苑の出水の小川付近には「早咲きの梅」「遅咲きの梅」「桃」「早咲きの桜」「遅咲きの桜」が植えられているので、そろそろ、早咲きの梅が見頃で遅咲きの梅が咲き始めている頃かと思ってお出かけしてきたよ。 今回は《出水口》から入ったけど、《出水口》の場所はこの辺だよ。

 昨年は<2011.3.19>に、このあたりをお散歩したけど、この時と比べて、咲いている梅の木は違っていたよ。 でも、色々の種類の木が植えられているので、これから5月の連休の頃まで(5月の連休の頃は遅咲きの八重桜)、このあたりを訪れたら何か咲いているので『ハズレ』はないよ。 お店からも近いし、今日はハンバーグ弁当を持って行って、いただきマンモスしたよ。 御馳走

出水口から入って左の紅梅をアップで撮影「早咲きなのでちょうど見頃だね」

そこから左に曲がって《梅林》の立て看板があるあたりの梅は咲き始め

少し離れて見るとこんな感じで、咲き始めという所だね

《梅林》の石碑のあるあたりの梅は、まだ、つぼみ

早咲きの梅は、こんな感じで見頃だね

ここから《出水口》から入って
右側の《出水の小川》に行く道
早咲きの紅梅はほぼ満開

この紅梅も咲き始めの頃は人が集まっていたけど、他の梅が咲き始めたので…

《出水の小川》が流れ出すあたりの白梅もそろそろ見頃だね

《出水の小川》が流れ出すあたりの白梅をアップで撮影「小川と花は似合うね」

手前に《出水の小川》、向こうに白梅、左奥の咲き始めた紅梅が見えるかな?

これが左奥の咲き始めた紅梅

向こうに白梅と出水の小川

手前に紅梅、向こうに白梅と出水の小川

こちらから白梅と出水の小川

今日はお店のハンバーグ弁当を
いただきマンモス 御馳走
td align=
posted by みせばんパンダ at 19:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

そろそろ紅梅が見頃の興正寺にお散歩<2012.3.8>

こちらが《興正寺》でございま〜す

 興正寺の梅もそろそろ咲いているかと思ってお散歩にお出かけしてきたよ。 《興正寺》の場所は西本願寺の南のこの辺だよ。
 昨年は<2011.2.24>に来たので、今年は約2週間後に来た訳だけど、紅梅はそろそろ見頃で、白梅は咲き始めた所なので、昨年とちょうど同じ位の咲き具合だったよ。・・・という事は梅の咲き具合は昨年と比べて2週間遅れという感じだね。

左から覗くと白梅

右から覗くと紅梅

左側の白梅は咲き始め

近づいて見ると白梅は咲き始めているね

右側の紅梅はそろそろ見頃だね

ほんのり梅の香りがするよ

阿弥陀堂の前から撮影

阿弥陀堂の右手の御影堂「その向こうに見えるのは西本願寺の建物」

《興正寺》の阿弥陀堂でお参り お参り

紅梅の全景を撮影「そろそろ、見頃という感じだね」

白梅の上の方の花を黒い門をバックにズームで撮影

posted by みせばんパンダ at 20:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

梅が咲き始めた《智積院》にお散歩<2012.3.3>

こちらが智積院の南門でございま〜す

 昨年は<2011.3.10>に梅の花が咲き始めた頃の智積院を紹介したけど、今年の梅の開花は2週間ほど遅いそうだけど、市比売神社に行った帰りに立ち寄ってみたよ。 智積院の場所は七条通りを東に行くと、東大路通りで三叉路に交差した突き当たりのこの辺で、わかりやすく言うと三十三間堂の少し東だよ。
 梅の花は「咲き始め」「ちらほら咲き」という感じだったけど、その辺は言葉で説明するより写真を見てね。

これは東大路通りに面した所にある梅の花「向こうに見えるのは東大路通り」

これは金堂に続く参道沿いの梅「少し咲き始めているね」

正面に智積院の金堂「参道沿いの梅はちらほら咲き始めた感じ」

濃い紅色の梅

こちらは白梅

こちらは白梅とパンダ

智積院の金堂でお参り お参り

智積院の明王殿と紅梅

智積院の明王殿

智積院の明王殿の駒札

帰り道に金堂をバックに紅梅を撮影

金堂をバックに紅梅とパンダ

金堂をバックに椿の花

http://resort.travel-way.net/gif/kyoto/tichaku_kondo_12_03_03_3a.jpg_blankdarkblue
posted by みせばんパンダ at 22:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

八重桜が見頃の京都御苑の出水の小川あたりにお散歩<2011.4.30>

こちらが京都御苑の出水口でございま〜す

 京都御苑の出水の小川あたりの八重桜が見頃になっているんじゃないかと思ってお散歩に行ってきたよ。 お散歩したのは《出水口》から《下立売御門》までの間だよ。
 出水口から入って少し歩くと右側に出水の小川に続く遊歩道、左に行くと梅林にだけど、梅は新緑の木になっていたよ。 そして、出水の小川が流れ出すあたりの桜は見頃で風が吹くと花びらが散る状態で、出水の小川が終わる下立売御門あたりの桜はまだ少しつぼみもあったので5月の連休の終わり頃まで何とか楽しめそうだね。

右側に出水の小川に続く遊歩道

左側の梅林は新緑の木々

出水の小川が流れ出すあたりの桜

このあたりは絵になる風景があちこちに

白とピンクの桜のコントラストが綺麗だね

この辺には木のテーブルと椅子があるんだ

 京都御苑内は飲食可で、出水の小川あたりには木のテーブルと椅子が何ヶ所か設置されているので、お店の「トンカツ弁当(263円)」を持って行って、桜の木の下で、いただきマンモスしてきたよ。 《お店(びっくり屋今出川新町店)》まで歩いて10分程だし、プレゼントもまだあるので合言葉を言ってプレゼントをもらって、ここでお弁当を食べれば良いよ・・・ってCMタイムでした。

桜の木の下で、お店の「トンカツ弁当」を、いただきマンモス 御馳走

お弁当を食べて、お腹もいっぱいになったのでお散歩再開

山吹と桜のコントラストも良いね

出水の小川の説明の駒札

こんなテーブルと椅子が何ヶ所か

出水の小川の途中には、こんな飛び石もあるよ

出水の小川も、この辺で終わり

向こうに見えるのが下立売御門「この辺の桜も綺麗に咲いていたよ」

このあたりの桜は、まだ、少しつぼみが残っていたよ

下立売御門を入ったあたりの桜の全景「なかなか見事だね」

posted by みせばんパンダ at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

桜が終盤の養源院にお散歩<2011.4.27>

こちらが養源院でございま〜す

 「養源院の桜も終わりだろうな〜」と思ったけど、近くまで行ったので養源院をお散歩してきたよ。 養源院の場所は三十三間堂の東側のこの辺で〜す。
 養源院は血天井で有名だけど、血天井を見る為には拝観料を払わないといけないし、写真撮影も出来ないので、本堂の前まで行って中に入らなかったけど、本堂の前の2本の桜が終盤という感じだったけど、まだ、咲いていたよ。他にも何本か桜はあったと思うけど、それはもう散っていたけどね。

門から中を見た所

養源院の駒札

後ろの桜は少し花びらが残ってる

参道は青もみじ

養源院の本堂の両側に2本のシダレザクラ

本堂の前のシダレザクラって良い感じだね

ズームで撮影すると花びらは少し散っているけどまだまだ残っている

桜のアップを鐘をバックに撮影

帰り道の参道

つつじが咲き始め

養源院の門を出ると正面に三十三間堂

posted by みせばんパンダ at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

桜の頃の京都御苑にお散歩<2011.4.14>

こちらが堺町御門でございま〜す

 京都御苑には色々な種類の桜があって今まで歩いた事のないルートを歩いてみようと思って南側の丸太町通りに面した堺町御門から入ってみたんだ。 堺町御門の場所はこの辺で〜す。
 4月14日(約1週間前)夕方6時15分頃に堺町御門から入ったけど、歩いているうちに、だんだんと暗くなってきたよ。 京都御苑は広くて桜の木の数も種類も多いので、見頃や散りかけの桜など色々あったよ。

これが堺町御門の外から見えていた桜

横でお弁当を食べている人がいたので写らないように撮影するのが大変

北の方に歩いて行くとこんな桜や

こんな桜などがあちこちに

大宮御所の塀の中の桜

もう少し歩くと松の中に生えた桜が台風で倒れて、そこから枝を伸ばした桜

花びらは散ってきているけど、倒れた木から枝を伸ばしているのがわかるね

これは<2010.3.31>に桜の花が咲き始めた頃に撮った写真

その後、別の道を歩いて帰ったけど、他にも沢山の桜の木

これは見事な桜の木だね「ちょうど、京都御所の南あたりだよ」

暗くなって街灯に照らされた桜だね「向こうに大文字山」

【オマケ】江戸末期の京都御苑の地図「公家屋敷が城壁の役割をしていたんだね」

center0
posted by みせばんパンダ at 07:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

桜が見頃から終盤の常照寺にお散歩<2011.4.21>

こちらが常照寺の吉野門でございま〜す

 桜が見頃から終盤の常照寺にお散歩に行ってきたよ。 常照寺の場所はこの辺で、近くに光悦寺があるよ。
 常照寺は本阿弥光悦の寄進した土地に立てられたお寺で吉野太夫さんとゆかりがあり、吉野太夫さんのお墓がここにあり、常照寺の山門は吉野太夫さん寄進したもので「吉野門」と言われているんだ。 吉野太夫さんは芸の才能もあったので芸能人のファンも多いんだって。
 常照寺には色々な種類の桜の木が植えられているというので来てみたけど、見頃から終盤という感じだったよ。

常照寺の吉野門をくぐると正面に本堂

常照寺の本堂

本堂の右で拝観料300円払って

本堂の横の桜が咲いてる庭を通り

常照寺と吉野太夫さんの
紹介のビデオを見て
こんなお庭をお散歩

綺麗に咲いた桜があったので、しばし、座って鑑賞

アップで撮影すると、こんな感じ

こんな散歩道が続いて

この門の先の階段を下りて行くと

こんな桜

そして、北山杉をバックに、こんな桜も

元の散歩道に戻るとこんな感じ

《茶席遺芳庵》と桜「みせばんパンダが写っているのがわかるかな〜」

吉野太夫さんのお墓

そして、本堂の裏に戻ってきたよ

posted by みせばんパンダ at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

桜の頃の嵐山にお散歩<2011.4.14>

こちらが渡月橋でございま〜す

 4月14日に嵐山に行ってきた時の日記だよ。 嵐山の渡月橋の場所はこの辺で〜す。
 この日は天気も良く、暖かく、桜もちょうど見頃という感じで、のんびりしている人が多かったよ。 嵐山は有名なので写真と写真の下の簡単な説明を参考にしてね。

嵐山公園の入り口

嵐山公園を入った所の桜

綺麗に咲いた桜、向こうに見えるのが渡月橋

これは素人が変身した「なんちゃって舞妓さん」だね

桜の木の下で、くつろいでいる人も多いね

この橋を渡って向こう岸にも綺麗な桜が咲いているんだ

橋の欄干に座って、しばし、桜を鑑賞

橋を渡った先は、こんな感じ

あちこちでお弁当を食べている人たち

あちこちに、こんな貼り紙があったけど・・・

橋を渡って元に戻って、向こうに渡月橋が見える桜の写真

桜のアップ、向こうに渡月橋が見えるでしょ

渡月橋の向こう側の桜

船に乗ってお花見も出来るんだね

今度、船に乗ってお花見をしてみようかな〜

posted by みせばんパンダ at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

桜が見頃の上賀茂神社にお散歩<2011.4.16>

こちらが上賀茂神社の二の鳥居でございま〜す

二の鳥居の横では植木市

 上賀茂神社の桜がそろそろ見頃じゃないかと思ってお散歩に行ってきたよ。 上賀茂神社の場所はこの辺で〜す。
 上賀茂神社は夕方5時以降は二の鳥居から先(本殿のある所)には入れなくなり、途中、《岡崎神社》に立ち寄って、上賀茂神社に着いたのは午後4時50分頃だったので、まず、二の鳥居をくぐって中に入ったよ。
 昨年も本殿の前の桜がさいている頃に来て、《カレンダー》に使ったけど、今年も少し角度を変えて写真を撮ってきたよ。
 やはり、上賀茂神社の桜の主役は《斎王桜》かな〜  ちょうど、見頃で存在感もあったよ。 《斎王桜》は咲いている期間も長いけど、来週末はやはりだいぶ散っているかな〜

二の鳥居をくぐって中に入ると何か撮影中

樟橋(長寿橋)を渡って本殿に

本殿でお参りをしていると結婚式の行列が来たよ

カレンダー》に使った写真とは少し角度を変えて本殿の前の桜を撮影

二の鳥居をくぐって左手の《みあれ桜》

このポスターに使われた桜だって

同じ様な写真は取れないね「合成写真かな〜」

二の鳥居から外に出て二の鳥居の横の《風流桜》

《風流桜》も見頃だね

やはり、主役は《斎王桜》だろうね

《斎王桜》と写真撮影

《斎王桜》のアップ「向こうに見えるのは一の鳥居」

一の鳥居の向こうに《斎王桜》

一の鳥居をくぐった所から見た境内

posted by みせばんパンダ at 07:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする