2017年04月05日

上御霊神社の桜はそろそろ見頃<2017.4.5>

こちらが上御霊神社の鳥居でございま〜す

 そろそろ桜が咲いているかと思って上御霊神社に立ち寄ってみたよ。 上御霊神社の場所はこの辺で、5月になるとイチハツが咲くので何度か紹介した事があるよ。
 上御霊神社の楼門をくぐると、正面に拝殿と本殿があり、左側に1本と右から南門の方に数本の桜の木があり、今年は桜の開花は少し遅いみたいだけど、ここの桜は少し早咲きでそろそろ見頃の状態だったよ、

楼門をくぐると正面に拝殿

楼門の左の桜

上御霊神社の本殿でお参り 参拝

楼門の右の桜「そろそろ見頃」

楼門から南門の方を見た所

南門のあたりの桜

桜とパンダのアップ

posted by みせばんパンダ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

六孫王神社の桜は見頃<2016.4.2>

こちらが六孫王神社の入口でございま〜す

六孫王神社の鳥居

 六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)にお花見にお出かけしてきたよ。 六孫王神社の場所は東寺の西北、八条壬生の西北角のこの辺だよ。

 六孫王神社は今まで宝永祭御火焚祭で訪れた事があるけど、この時、桜の木がたくさんあったので桜の花の咲いている時期に訪れてみたんだ。

 今まで六孫王神社が桜の名所と知らなかったけど、思った通り、見事に桜が咲いていたよ。 境内に入ると多くの桜が咲いていてお弁当を食べている人もいたよ。 近所の人だけでなく、遠くから花見に来ていた人もいたみたいだよ。

 六孫王神社は新幹線の高架の南側のあり、ちょうど新幹線が通る時の写真も撮ってきたよ。

外から見た所《なかなか見事だね》

入口を入ると見頃の桜《お弁当を食べている人も〜》

境内に入ってお稲荷さんの末社でお参り 参拝

桜をアップで撮影《向こうに橋と本殿が見える》

こちらは弁財天

六孫王神社の本殿でお参り 参拝

ちょうど新幹線が来た所を撮影

『魚塚』の前で撮影

最後に、もう一度、桜のアップと撮影

posted by みせばんパンダ at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

冷泉通り沿いの疎水の桜は終盤<2015.4.12>

こちらが《川端通り》と《冷泉通り》の案内

 川端冷泉通りから疎水沿いに徳成橋までの桜の様子を見てきたよ。 川端冷泉通りの場所はこの辺だよ。
 今年は桜の開花が早く、また、桜の咲いている時期に雨が多かったけど、川端冷泉通りから徳成橋あたりまでの桜は終盤という感じだったよ。
 途中のレンガ造りの夷川発電所の向かいの休憩所で少し休憩して、徳成橋の橋の欄干に座って終盤の桜を見学してきたよ。

橋の欄干に座って、しばし、見学

桜は終盤という感じだね

夷川発電所と桜

夷川発電所の向かいの休憩所

東の方向(大文字山の方向)を見た所

十石舟がやってきた

【動画】夷川発電所の手前で十石舟が折り返す所

熊野橋から東の方向(徳成橋の方向)を見た所

徳成橋の欄干に座って見学「桜は終盤という感じだね」

徳成橋から東の方向をアップで撮影

posted by みせばんパンダ at 02:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

京都御苑の出水の小川あたりの八重桜は見頃<2015.4.18>

こちらが京都御苑の出水口でございま〜す

 京都御苑には「梅苑」「桃苑」「糸桜」「八重桜」などがあって、2月末から5月始めまで楽しめるけど、出水の小川あたりの八重桜が見頃になっているんじゃないかと思ってお散歩に行ってきたよ。 お散歩したのは《出水口》から《下立売御門》までの間だよ。
 出水口から入って少し歩いて右側に出水の小川に続く遊歩道あって、このあたりに八重桜があり、八重桜は、そろそろ、見頃という感じだったよ。

出水口から入って少し歩いて右側に出水の小川に続く遊歩道と八重桜

遊歩道ぞいにも八重桜

所々にテーブルと椅子

八重桜をアップで撮影

八重桜は、そろそろ、見頃「この向こうに出水の小川の流れ出す所」

こちらが出水の小川の流れ出す所

八重桜のアップと出水の小川

出水の小川沿いのフタバツツジと八重桜

出水の小川に架かった橋

下立売御門あたりの八重桜「向こうに見えるのが下立売御門」

posted by みせばんパンダ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

桜が満開の神泉苑にお散歩<2015.4.4>

こちらが神泉苑の入口でございま〜す

「嵯峨天皇が初めて花見を行った禁苑」の案内

 桜が満開の神泉苑にお出かけしてきたよ。 神泉苑の場所は二条城の南のこの辺だよ。

 NHK「歴史秘話ヒストリア(2015.3.25放送)」で紹介していた嵯峨天皇さんが弘仁3年(西暦812年)に桜の花見を行ったのはここなんだって。 昨年の今頃は工事中で池の水がなかったけど、工事も終わって、今年は池に水もあったよ。

 明日の日曜は天気予報では雨という事で、今日は天気も良く、暖かかったので多くの人が花見に訪れていたよ。

 今年は桜の開花が少し早く、ちょうど満開だったよ。 天気が良かった為か、アヒルさんも陸に上がって、お散歩していたよ。

鳥居をくぐって中に入った所

中に入って右を見た所

中に入って右を見ると《法正橋》と池と桜

陸に上がってお散歩していたアヒル

お決まりの桜の花といっしょに撮影

《龍王船》と池と桜

本堂でお参り お参り

本殿の前のシダレザクラ「こちらはまだ満開ではなかったよ」

シダレザクラをアップで撮影

帰り際に振り返って《法正橋》と池と桜を撮影

posted by みせばんパンダ at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

善峯寺に花見にお出かけ<2014.4.8>

善峯寺に行く途中の道路沿いにも見事な桜

善峯寺の境内図

 大原野の勝持寺《花の寺》十輪寺に花見に行った後、善峯寺にも行って来たよ。 《善峯寺》は紫陽花の花が咲いている頃にもお出かけしたけど、場所は十輪寺からさらに奥(西)のこの辺だよ。

 桂昌院さんは、子供の頃、善峯寺には何度か訪れた事があり、応仁の乱で荒れた善峯寺の復興に尽力したんだ。 桂昌院さんというと《玉の輿》の語源になったと言われている京都堀川の八百屋の娘のお玉さんの事で、桂昌院さんは徳川家光の側室になり、五代将軍徳川綱吉の母親になんだ。

 行く前は、十輪寺から近くなので「ついでに行った」とうい感じだったけど、行ってみると、山の斜面のあちこちで桜の花が咲いていてスケールの大きさは今までに行った中でベストという感じだったよ。 一番、高い所の奥の院(薬師堂)から見た景色は桜はまだ満開じゃなかったみたいだけど、京都市内が見渡せたよ。 善峯寺が桜の名所として、あまり知られていないのは、交通の便が悪いからかも知れないね。

こちらが善峯寺の山門

拝観料(大人500円)を払って

山門をくぐって正面の観音堂(本堂)でお参り お参り

「日本一の松」にあがる階段の桜

桜越しに見た「日本一の松」

「日本一の松」の横の桜(桂昌院さん、お手植、しだれ桜)

桜をアップで撮影

「日本一の松」を後に先に進む

「善峯白山・櫻あじさい苑」これがスケールが大きいんだ

上の方の桜をズームで撮影

「幸福地蔵」

「幸福地蔵」から眺める桜が絶景「パンダが邪魔だって?」

先に進む事に〜(「幸福地蔵」の舞台を横から見た所)

谷の向こうに京都市内が見える

桜をアップで撮影「まだ、つぼみもあるね」

釈迦堂に行く途中で幸福地蔵あたりの桜を見下ろした所

釈迦堂の前の桜はこれから

桜の花の下でコンビニで買った
わらび餅をいただきマンモス 御馳走
さらに上がってけいしょう殿に行く途中から眺めた景色

こちらがけいしょう殿

桂昌院さんの横には犬

けいしょう殿から眺めた景色

さらに上の奥の院(薬師堂)に行く

こちらが奥の院(薬師堂)

奥の院(薬師堂)の横の一番高い所から見た景色

奥の院(薬師堂)の横の見た景色「桜は、まだ、満開じゃないみたいだね」

posted by みせばんパンダ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

十輪寺に花見にお出かけ<2014.4.8>

こちらが十輪寺の山門でございま〜す

拝観料を払って本堂に入るとなりひら桜

 勝持寺《花の寺》に行った後、十輪寺に花見にお出かけしてきたよ。 十輪寺は善峯寺(紫陽花1万本)に行く途中にあるけど、話題になっているというので立ち寄ってみたけど、《十輪寺》の場所は京都市の南西のこの辺だよ。
>  十輪寺は平安時代の歌人在原業平さんが閑居した所で業平寺とも言うんだって。
>  拝観料(500円)を払って本堂に入ると中庭になりひら桜があるんだ。 この桜はここから見るより外から見た方が良いし、建物内は撮影禁止なので外に出て、まず、本堂の裏山に在原業平さんのお墓と塩釜の旧跡の案内があったので、そちらに行ってみたんだ。
 その後、おりてきて《なりひら桜》を撮影してきたけど、塩釜の旧跡の横の桜も《なりひら桜》も少しピークは過ぎた感じだったよ。

本堂から見た庭

本堂から外に出て

まず、在原業平さんのお墓に行く

こちらが在原業平さんのお墓

在原業平さんのお墓のもう少し上の塩釜の旧跡の横の桜

塩釜の旧跡の説明の駒札

こちらが塩釜の旧跡

上から見た《なりひら桜》

庭から見た《なりひら桜》「このアングルの写真が有名みたいだね」

反対側から見た《なりひら桜》

やはり、こちらのアングルからいっしょに撮影

posted by みせばんパンダ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

勝持寺《花の寺》に花見のお散歩<2014.4.8>

勝持寺《花の寺》に続く道

こちらが勝持寺の山門でございま〜す

 勝持寺《花の寺》に花見にお出かけしてきたよ。 昨年も花見に訪れたけど、今年は大原野の桜が話題らしいので今年も訪れたんだ。 勝持寺の場所はこの辺だよ。
 昨年は<2013.4.4>に来たけど、今年も桜の開花状況は同じ位だったので、4日遅かった分、散り始めという感じで、少し風が吹くと花びらが散っていたよ。 花びらが散る所は写真ではわかりにくく、動画で撮影しようと思ったら風が吹かなくなって、結局、今回は動画での撮影はなしだよ。
 それと、今回わかったんだけど、大原野神社正法寺が意外と近くて「0.5km」という案内があったよ。 但し、坂や階段を下って行く様な道だったので今回は次に行く所があったので行かなかったけど、今度、紅葉の頃に、この道を歩いてみようかと思ったよ。

こちらで拝観料(大人400円)を払い

境内に入る

中に入ると右手に本堂

本堂に賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)「病気のある所を撫でると治るんだって」

本堂から見た境内の桜

本堂からおりて境内を散策「これは《西行桜》」

《西行桜》の説明

この門をくぐった向こうが
桜の花を見下ろせて絶景なんだ
風が吹くと桜の花びらが散っていたけど写真じゃ見えないね

このあたりが桜の花を見下ろせる絶景のポイント

少し角度を変えて、まるで『桜の花の海』だね

ズームで撮影すると、まだ、少しつぼみは残っているね

下におりてみるとお弁当を食べている人や桜を見上げて写真を撮っている人

さっき、上から見ていた所を今度は下から見上げてみる

帰りに本堂をバックに花隠れの術〜

大原野神社正法寺の道案内

但し、こんな階段や坂〜

posted by みせばんパンダ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

桜の咲いている祇園白川の舞妓撮影会にお出かけ<2014.4.2>

祇園白川の川端通り側の入り口

川端通り側の入り口付近の桜

 桜の咲いている祇園白川の舞妓撮影会があるというのでお出かけしてきたよ。 桜の咲いている時期のイベントに1つとして舞妓撮影会は、毎年、行われているんだって。

 この日は昼間は暖かく、祇園白川の川端通り側の入り口から入ると、ソメイヨシノはほぼ満開の状態で、早咲きのシダレザクラは風が吹くと花びらが散り始める感じだったよ。

 午後2時半頃、「かにかくに碑」の前あたりに芸妓さんが来て撮影会の始まって、一旦、退場して、午後3時10分頃、舞妓さんも登場して、その後も、結構、長い時間、撮影会が行われているみたいだったよ。
 祇園白川の「かにかくに碑」の場所ははこの辺だよ。

祇園白川を東に進んで

大和橋付近にも多くの人

大和橋から上流方向(東の方)を見た所「まだ、少しつぼみがあるけど、ほぼ満開」

あちこちで桜をバックに素人かプロかわからないけど撮影

「かにかくに碑」の前あたりに多くの人

午後2時半頃、「かにかくに碑」の前あたりに芸妓さんが来て撮影会の始まり

反対側に移動してアングルを変えて撮影

午後3時10分頃、舞妓さんが登場

【動画】祇園白川の舞妓撮影会で舞妓さんが登場

舞妓さんといっしょに撮影

【動画】祇園白川の舞妓撮影会で舞妓さんが場所を移動

場所を移動して床机に座って撮影のポーズ

【動画】祇園白川の舞妓撮影会で舞妓さんが撮影のポーズ

こちらでも舞妓さんといっしょに撮影

アングルを変えて撮影

辰巳大明神あたりの桜も綺麗に咲いているね

巽橋あたりの桜も綺麗に咲いて、多くの人がいたよ

posted by みせばんパンダ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

北野天満宮の梅は見頃<2014.3.22>

こちらが北野天満宮の東鳥居でございま〜す

 梅の咲いている北野天満宮に、お散歩に行ってきたよ。 北野天満宮の場所はこの辺だよ。
 昨年、北野天満宮の梅の様子を見に来たのは<2013.3.15>だけど、昨年より1週間程、後に来たので比較するのは難しいけど、ちょうど見頃という感じだったよ。
 今回も梅苑は有料なので入らなかったけど、楼門の所から眺めてきたけど、梅苑の入口には「見頃」と書いてあったよ。

鳥居をくぐって門をくぐると

左手に手水舎

手水舎の横の紅白の梅も見頃

【国宝】社殿に続く参道沿いの白梅

東側から【国宝】社殿に

【国宝】社殿の前には長い行列

【国宝】社殿の前の紅梅で花隠れの術〜

【国宝】社殿の西側の梅

三光門の前の梅

これは楼門の北側の手水舎の前の梅と牛さん

楼門から南を見た所「右に梅苑」

梅苑の入口

しばし、楼門に腰をかけて有料の梅苑を見学

この傾いた松を見るとささえたくなるんだよね

posted by みせばんパンダ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする