2014年04月12日

善峯寺に花見にお出かけ<2014.4.8>

善峯寺に行く途中の道路沿いにも見事な桜

善峯寺の境内図

 大原野の勝持寺《花の寺》十輪寺に花見に行った後、善峯寺にも行って来たよ。 《善峯寺》は紫陽花の花が咲いている頃にもお出かけしたけど、場所は十輪寺からさらに奥(西)のこの辺だよ。

 桂昌院さんは、子供の頃、善峯寺には何度か訪れた事があり、応仁の乱で荒れた善峯寺の復興に尽力したんだ。 桂昌院さんというと《玉の輿》の語源になったと言われている京都堀川の八百屋の娘のお玉さんの事で、桂昌院さんは徳川家光の側室になり、五代将軍徳川綱吉の母親になんだ。

 行く前は、十輪寺から近くなので「ついでに行った」とうい感じだったけど、行ってみると、山の斜面のあちこちで桜の花が咲いていてスケールの大きさは今までに行った中でベストという感じだったよ。 一番、高い所の奥の院(薬師堂)から見た景色は桜はまだ満開じゃなかったみたいだけど、京都市内が見渡せたよ。 善峯寺が桜の名所として、あまり知られていないのは、交通の便が悪いからかも知れないね。

こちらが善峯寺の山門

拝観料(大人500円)を払って

山門をくぐって正面の観音堂(本堂)でお参り お参り

「日本一の松」にあがる階段の桜

桜越しに見た「日本一の松」

「日本一の松」の横の桜(桂昌院さん、お手植、しだれ桜)

桜をアップで撮影

「日本一の松」を後に先に進む

「善峯白山・櫻あじさい苑」これがスケールが大きいんだ

上の方の桜をズームで撮影

「幸福地蔵」

「幸福地蔵」から眺める桜が絶景「パンダが邪魔だって?」

先に進む事に〜(「幸福地蔵」の舞台を横から見た所)

谷の向こうに京都市内が見える

桜をアップで撮影「まだ、つぼみもあるね」

釈迦堂に行く途中で幸福地蔵あたりの桜を見下ろした所

釈迦堂の前の桜はこれから

桜の花の下でコンビニで買った
わらび餅をいただきマンモス 御馳走
さらに上がってけいしょう殿に行く途中から眺めた景色

こちらがけいしょう殿

桂昌院さんの横には犬

けいしょう殿から眺めた景色

さらに上の奥の院(薬師堂)に行く

こちらが奥の院(薬師堂)

奥の院(薬師堂)の横の一番高い所から見た景色

奥の院(薬師堂)の横の見た景色「桜は、まだ、満開じゃないみたいだね」

posted by みせばんパンダ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395217375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ