2013年10月14日

六孫王神社の宝永祭にお出かけ<2013.10.14>

こちらが六孫王神社の入口でございま〜す

宝永祭の案内のポスター

 六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)の宝永祭にお出かけしてきたよ。 六孫王神社の紹介は始めてだけど場所は八条壬生の西北角のこの辺だよ。
 六孫王神社は、源経基が祭神で、経基は清和天皇の第六皇子貞純親王の子で、天皇の孫である事から「六孫王」と呼ばれ、ここは源経基の邸宅「八条亭」の跡地で、創建した源満仲が清和源氏の武士団を形成した事から「清和源氏発祥の宮」を称しているんだって。宝永祭は六孫王神社の再興が宝永年間に完成したにちなんで行われたお祭だって。
 お祭の行列が到着する所を見ようと思って午後4時20分頃に到着すると、まだ、行列が戻ってくる様子はなかったので、少し境内を散策したんだ。
 午後4時25分頃、まず、露払いの鬼が戻ってきたよ。 鬼は四方(東西南北)の青龍・白虎・朱雀・玄武なんだって。
 その後、午後4時40分頃、お神輿が戻ってきたよ。 お神輿が到着すると鳥居をくぐった所で3回まわった後で差し上げて、本殿の前に行って、本殿の前でも差し上げられたよ。 そして、お神輿を本殿の中に入れて、御霊移しが行われて、その後、お神輿を本殿から出して、お神輿を解体して、午後5時頃、終了したよ。

六孫王神社の鳥居

まっすぐ進むと二の鳥居

ニの鳥居の先に池があって、池の向こうに本殿

六孫王神社の本殿でお参り 参拝

午後4時25分頃、まず、露払いの鬼が戻ってきたよ

鬼は四方(東西南北)の青龍・白虎・朱雀・玄武なんだって

【動画】六孫王神社の宝永祭の露払いの鬼が戻ってきた所

お神輿が戻ってきた

お神輿が鳥居をくぐる所

鳥居をくぐった所で3回まわった後で差し上げて本殿の前に

【動画】お神輿が戻ってきて鳥居をくぐった所で3回まわった後で差し上げ

お神輿が本殿の前に

本殿の前でもお神輿を差し上げ

お神輿を本殿の中に入れて、御霊移し

【動画】お神輿を本殿の中に入れて、御霊移し

お神輿を本殿から出してきて

お神輿を解体して終了

posted by みせばんパンダ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379460704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ