2013年08月18日

蓮の花は終盤《南禅寺と大蓮寺》<2013.8.17>

南禅寺の全景図「中央のやや下の池に
蓮の花が咲いているけどわかりにくい」

南禅寺の三門「ここから蓮の花は見えない」

 送り火の翌朝に大文字山に登山して消炭を拾ってきた後、南禅寺と大蓮寺の蓮の花の様子を見てきたよ。 蓮の花の見頃は7月から8月の始めなのでお盆過ぎでは終盤だったけどね。
 まず、最初に行ったのは南禅寺だけど、南禅寺の蓮の咲いている池の場所は少しわかりにくいんだ。 通常、南禅寺に行くには南禅寺橋を渡って、まっすぐ東に行くと「南禅寺の中門」があり、この先に三門、本堂、水路閣があるけど、この南禅寺の中門の手前の左側の駐車場の奥蓮の咲いている池があり、場所はこの辺で、南禅寺に行く参道からは見えにくく、気をつけて見ないと通り過ぎてしまうんだ。

 蓮の花は4日くらいが寿命で、最初の1〜2日は朝(午前2時頃から)開いて、午前10時頃には閉じ、3日目は半開まで閉じ、4日目は閉じずに散り始めるので、午前10時までに行かないと、3日目の半開の状態か、4日目の開き切って散り始める蓮の花しか見られないんだ。

南禅寺の中門

南禅寺の中門の左側に駐車場
ここから池は見えにくい
蓮の咲いている池の向こうに南禅寺の中門

蓮の花のアップ

お盆過ぎなので蓮の花は終盤だね

実際に見るともう少し咲いている感じだけど

少しズームで撮影するとこんな感じだけど咲いて終わった蓮の花も多いね

こちらが大蓮寺の山門でございま〜す

 次に行ったのは大蓮寺で<2012.8.12>にも訪れたけど、場所は二条通りから東大路通りの1筋西の通り(西寺町通り)を下がった西側のこの辺だよ。
 大蓮寺の蓮の花もピークを過ぎていたど、まだまだ、綺麗に咲いていた蓮の花もあったよ。

大蓮寺の境内に入ると蓮の花が咲いていたよ

蓮の植えられた鉢の先に本堂

蓮の花といっしょに撮影

このあたりの蓮の花は綺麗に咲いていたよ

大蓮寺の本堂でお参り お参り

本堂の前から見た境内

境内にあるベンチでひと休み



posted by みせばんパンダ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ