2013年02月04日

廬山寺の節分会にお出かけ(2013.2.3)

こちらが廬山寺の入口でございま〜す

境内に入っても人でいっぱい

 護王神社の節分大祭に行った後、廬山寺(ろざんじ)の節分会の豆まきが午後4時からあるというので行ってみたよ。 廬山寺の場所は梨木神社から寺町通りを隔てて東側のこの辺だよ。
 梨木神社に行った時に何度か廬山寺に立ち寄っった事はあり、いつも静かなお寺だけど、午後4時の10分前に到着すると、どんどん人が訪れていて境内に入ると人でいっぱいで最初から豆まきの豆を取るのは絶望的な感じだったよ。
 到着すると、すぐに追儺師が邪気払いの矢を東、南、西、北、中に放って、その後、鬼が登場するけど、追儺師が状文を読み上げると、鬼は苦しみ、もがきながら本堂から退散して行って、その後で豆まきが行われたんだ。
 その後、境内を散策すると《鬼の御加持》というのをやっていて、鬼さんに体の悪い所を言うと松明や剣でお祓いをしてくれるけど、これには長い行列が出来ていたよ。

追儺師が邪気払いの矢を放つ

鬼が登場するけど追儺師が状文を読み上げると、鬼は苦しみ、もがき

鬼は本堂から退散

その後、豆まき「最初から豆を取るのは絶望的」

鬼さんに体の悪い所を言うとお祓いをしてくれる《鬼の御加持》

【動画】廬山寺の節分祭で鬼の御加持の様子

《鬼の御加持》を受ける為の長〜い行列

《鬼の御加持》はあきらめて本堂でお参り お参り

こちらは売っていた福豆など

入口の廬山寺の案内

こちらは節分会の案内

廬山寺の入口
「源氏物語 執筆地 紫式部 邸宅址」の表札

【秋の廬山寺<2011.9.29>】
 秋、萩の花が咲いている頃に梨木神社を訪れた後、廬山寺に立ち寄った時の様子を紹介しておくね。
 この時は豆まきの為の舞台もなかったので入口を入ると正面に本堂があり、《鬼の御加持》の鬼さんもいなかったので、本当に静かだったよ。

廬山寺の駒札と説明文

門をくぐると正面に廬山寺の本堂「本堂の右側で《鬼の御加持》が行われる」

本堂の奥の建物「有料で拝観できる」

posted by みせばんパンダ at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 節分の行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前に「廬山寺」を地図上で見て知って、調べた時に
紫式部の屋敷だったと解説があったけど、入口の
大看板に「源氏物語 執筆地 紫式部、・・・」って
書いてあるね。歴史を感じるー。

こちらの節分の行事もなかなかのものだね。
鬼はなかなか迫力あって、これぞ節分って感じ。
「鬼の御加持」では、鬼がヒーローの様ではない
ですか!
やってもらいたいな、「鬼の御加持」。
パンダちゃんも時間があったら「鬼の御加持」を
やってもらいたかったよね!
Posted by 黄ぐま at 2013年02月13日 23:21
黄ぐまさん、こんにちは

秋に梨木神社に萩の花を見学に行った後、
廬山寺に立ち寄った時の様子も追加しておいたよ。
「源氏物語 執筆地 紫式部 邸宅址」と書いてあるんだ。

ここの鬼さんは改心して、昔は乱暴する為に使っていた
剣で人間の邪気を払う為に使って役立っているんだね。

こんな行事があるのを、ここに来て始めて知ったけど、
本当に色々な行事があるんだね。
Posted by Panda at 2013年02月13日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ