2012年10月06日

粟田神社の粟田祭の前々夜祭の石見神楽にお出かけ<2012.10.6>

こちらが粟田神社の鳥居でございま〜す

階段を上るとテントがいくつか設置

 粟田神社の粟田祭の前々夜祭の石見神楽にお出かけしてきたよ。 粟田神社は御火焚祭の時も紹介したけど、場所はこの辺だよ。
 粟田祭は前々夜祭に《石見神楽》、前夜祭に《夜渡り神事》、体育の日に《神幸祭》、そして、10月15日には《例大祭》が行われるんだ。
 午後5時から始まると書いてある所があったけど、写真を見ると夜に行われるみたいなので、一応、午後5時10分頃に粟田神社に着いたんだ。 鳥居をくぐって階段を上るとテントがいくつか設置されていて拝殿の横に露店が出ていたんだ。今まで粟田神社に露店が出ているのを見た事がなく、「珍しいな〜」と思っていると、後で説明を聞いたら、都ホテルの人たちがホテルの料理の一部(美味しいカレー500円など)を販売していたんだって。
 結局、石見神楽は午後6時半頃から始まったんだけど、午後5時15分頃に舞台の前の席に付こうと思ったら最前列はみんな人が座っていたよ。 でも、小雨も降ったりやんだりで、待ちくたびれて帰った人がいたので最前列で見学する事が出来たんだ。

拝殿の横に露店「都ホテルの人たちが販売(美味しいカレー500円など)」

まず、粟田神社の本殿でお参り 参拝

拝殿にはお神輿

この舞台で石見神楽が行われるだ

待ちくたびれて最前列の人が帰ったので最前列に座ったよ

午後6時25分頃から石見神楽の大黒

 午後6時25分頃から石見神楽の《えびす大黒》が始まったよ。 石見神楽というのは石見地方(現在の島根県西部)に伝わる伝統芸能で、神話を題材にした演目が多く、京都造形芸術大学の学生さんたちが演じているんだって。
 大黒さんが出てきて、鯛を釣って、そして、キャンディーを客席になげるんだ。 これは恒例になっているみたいで、子供たちが前に集まって競い合ってキャンディーを拾っていたよ。

大黒さんが鯛を釣り上げた所

また、鯛を釣り上げて自慢

キャンディーも投げて終わりの挨拶

【動画】粟田神社の粟田祭の石見神楽のえびす大黒

《大蛇(おろち)》須戔鳴尊さんが登場して
おじいさんとおばあさんとお酒を作っている

 次は《大蛇(おろち)》で、高天原(たかまがはら)を追放された須戔鳴尊(すさのおのみこと)さんが出雲の国(島根県)で、毎年、娘を1人づつ食べる八岐大蛇(ヤマタノオロチ)にお酒を飲ませて退治して、娘さんと結婚したというお話。
 舞台の大きさの関係で4匹の蛇が登場。 メモリーの都合で退治する場面は静止画でお楽しみ下さ〜い。

4匹の大蛇が登場

大蛇が小さな舞台を暴れ回る

大蛇のパフォーマンス

【動画】粟田神社の粟田祭の石見神楽の大蛇(おろち)

大蛇がお酒を飲み始める

大蛇が酔っぱらった所に須戔鳴尊(すさのおのみこと)さんが登場

須戔鳴尊さんが大蛇の首を切り取った所

須戔鳴尊さんと娘さんが結婚して、めでたし、めでたし

入口で渡されたビンゴ・カード

 その後、ビンゴ・ゲームがあったんだ。 来た時、入口でビンゴ・カードが渡されて、石見神楽が終わった午後7時半頃には、また、雨がポツポツ降り始めたけど、ほとんどの人は帰らずにビンゴ・ゲームを待っていたよ。
 普通、ビンゴ・ゲームは早く揃った人が良い商品をもらうけど、ここのビンゴ・ゲームは揃った後、何の賞品が当たるかくじ引きがあるので、最後の方で揃っても良い賞品が当たる可能性もあるんだ。「都ホテルの宿泊券」が当たった人もいたよ。
 最初、6つくらい、何も開かず、その分、後半になって、どんどん開いて、かなり後の7〜8割くらいの順番だったけど「肉の荒井亭」の「750円分のコロッケ券」が当たったよ。(お肉屋さんならお肉を包む竹の皮でも良いんだけど〜)

ビンゴ・ゲームが始まったよ「小雨が降り出したのに多くの人」

縦1列並んだので賞品をもらいに

「750円分のコロッケ引換券

都ホテルの前に夜渡り神事の大燈呂の行列

【10月7日の夜渡り神事】
 10月7日の《夜渡り神事》にはお出かけしなかったけど都ホテルの前を通りかかると、ちょうど、《夜渡り神事》の大燈呂の行列が通りかかったので行列の様子を動画と静止画で撮って来たので紹介するね。 但し、道路の反対側から撮影したので、あまり条件は良くなかったけどね。
 10月8日の《神幸祭》にもお出かけしてきたので、こちらも見てね。

先頭は、須戔鳴尊(すさのおのみこと)さんだね

これは、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)だ〜

【動画】粟田神社の夜渡り神事の行列が都ホテルの前を通過

posted by みせばんパンダ at 22:32| Comment(3) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いね!大蛇。
迫力満点だ。これに巻きつかれたら
私もノブローさんもひとたまりもないわ。
夜渡り神事も神秘的でいいね。
一度観てみたいなあ。
Posted by みに at 2012年11月01日 00:45
おお、パンダちゃん、「石見神楽」って知ってました。
広島や島根の神楽だよね。でっかい大蛇がイナミックに
絡み合ったり、長いバチで太鼓をたたき、掛け声の
威勢の良さも、この雰囲気は間違いないね。
これを見るとやたら元気がもらえるので、実は前から
見に行きたいと思っていたんだ。
(自分は「土蜘蛛」という演目が好きです。)

な、なぜ京都で「石見神楽」?
それは、京都が黄ぐまヒイキであり、黄ぐまの願いなら
叶えちゃうんだな〜(へへ、どうだいパンダちゃん。)
粟田神社は、素晴らしい神社だね!

都ホテルの美味しいカレーが500円?!
やすっ!!いいんですか〜。これにも感動。
Posted by 黄ぐま at 2012年11月05日 23:01
みにさん、黄ぐまさん、まとめて、こんにちは

ここの所、風邪で体調がすぐれず、
コメントの返事を後回しにしていました。

おそらく、今まで粟田神社の名前は
あまり聞かなかったと思うけど、
粟田祭も含めて、色々と紹介しているので
だんだんと興味を持ってきたんじゃないかな〜

「石見神楽」は始めて知ったけど、
確かに威勢の良い雰囲気だったよ。

京都は日本の中心なので
日本全国に文化や情報を発信するし、
日本全国の文化や情報も受け入れるんだね・・・
って、やっぱり、都が東京に移ってからも
プライドがあって、そんな事を言い方をする人も多よ。

Posted by Panda at 2012年11月20日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ