2012年09月12日

大原野神社の御田刈祭にお出かけ<2012.9.9>

こちらが大原野神社の鳥居でございま〜す

鳥居をくぐって階段をあがる

階段をあがると後片付け中の露店

 大原野神社の御田刈祭にお出かけしてきたよ。 大原野神社の場所はこの辺で、京都市の西の端で山を越えた向こうは亀岡市で、このあたりの紹介は始めてだね。
 御田刈祭は毎年9月の第2日曜に行われていて、朝10時から少年相撲や赤ちゃん土俵入りなどが行われたけど、午後6時からのナイトコンサートだけ見に行ってきたんだ。 大原野神社は紅葉の名所でもあるそうなので下見の意味も含めて訪れてみたんだけど、参道沿いには池や《瀬和井(せがい)》という和歌にも詠まれた湧き水があったよ。 本殿の所まで行くと本殿の前の広場に舞台が用意されていたけど、直前に雨が降ったので社務所の中でナイトコンサートは行われたんだ。 後で調べたら本殿の前に狛鹿さんがいたけど、あまり綺麗に写した写真がないので、今度、行った時に撮ってくるね。
 少し遅れて午後6時10分過ぎからナイトコンサートが始まったけど、最初は子供の演奏で小さな子供が歩き回って「あれれ〜」と思ったけど、その後、近くに住んでいてプロとして活躍している「キーボード、フルート、ビオラ、お琴」のカルテットの演奏があり、そして、「竹太筒の会」による「竹太鼓」の演奏があったよ。 このあたりは竹林が多く、竹の子の産地でもあるけど、胴の部分が竹で出来た太鼓で、雨が降ったので屋内での演奏になり、かなり迫力があったよ。 最後には子供も自由に竹太鼓を叩いて、午後8時過ぎに終わったんだ。

木に囲まれた参道を歩いて行くと、常設の茶店

茶店の横に池「紅葉の頃になると綺麗だろうね」

《瀬和井(せがい)》いくつかの和歌にも詠まれたんだって

《瀬和井(せがい)》「ただの水溜りじゃん」と言ったら怒られそう

大原野神社の本殿でお参り 参拝

本殿の前から広場を見た所「右の舞台は雨により使われず」

こちらの社務所の中でナイトコンサートは行われたんだ

最初は子供の演奏で小さな子供が歩き回って〜という感じ

【動画】弾き語りの後、「おもちゃのチャチャチャ」泣いたり寝転んだり〜

小さな子供達がカスタネットなどの打楽器を持って「おもちゃのチャチャチャ」

プロとして活躍している「キーボード、フルート、ビオラ、お琴」のカルテット

【動画】「晴れたらいいね」「秋の歌のメドレー」

《竹太鼓》が始まるよ

【動画】《竹太筒の会》による《竹太鼓》の始まり

【動画】《竹太筒の会》による《竹太鼓》これは「花火」だったかな〜

《竹太筒の会》による《竹太鼓》女性のメンバーも1人

【動画】《竹太筒の会》による《竹太鼓》

曲名は『かぐや姫』

【動画】《竹太筒の会》による《竹太鼓》で曲名は『かぐや姫』

最後は子供達もいっしょに竹太鼓

【動画】最後は子供達もいっしょに竹太鼓

最後は子供達もいっしょに竹太鼓

posted by みせばんパンダ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンダちゃん、こんにちは。

大原野神社はまったく知りませんでした。
実は聞いたこともなかったです。

地図を見ると、西行桜で有名な勝持寺の近くなんですね。
しかし、随分と西の方ですね。街中からだと1時間くらい
かかるのかなあ?

鳥居をくぐった後の階段は何となく怖い感じ。
夕方だったからかな?

しかも本殿には屋根付きの廊下があるの?
ちょっと不思議な造りです。

このあたりは竹の産地なので、竹太鼓なんだね。
子供たちの演奏はご愛嬌ですね。

駒鹿さんがいたんだ。
しかし、京都の神社にはいろんな駒何とかさんがいるね。
そういえば駒クマさんていたっけ?
それは黄ぐまさんかな?
Posted by パチ at 2012年09月18日 22:20
パチさん、こんにちは

よく知られた所をあまり知られていない所を
紹介した方が飽きないだろうと思って
大原野神社に行ってみたんだ。
すごい田舎だと思っていたけど、
和歌にも詠まれた井戸があったのは
ちょっと意外だったね。
Posted by Panda at 2012年09月24日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292381890
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ