2012年04月23日

彦根城の桜は終盤だったよ<2012.4.21>

彦根城のお堀沿いの桜

お堀沿いの枝垂桜はまだ咲いていたけど
全体的には終盤という感じだね

 琵琶湖のリゾートホテル(エクシブ琵琶湖)にお泊りした後、翌日、どうしようか、いくつか候補はあったけど(「昼間の海津大崎を見物」「花見船から見物」「彦根から花見船に乗る」等)、結局、彦根城を見物する事にしたよ。 彦根城の場所はこの辺だよ。
 彦根城は1622年(元和8年)に完成したお城で、明治になるまで、東と西の守りの要の役割を果たしていたんだ。 明治になってお城の役割は終えて、昭和になってから新たな名所となる様に桜の木が植えられたんだって。
 彦根城の桜は海津大崎より数日早く咲くそうで、桜は全体的に終盤という感じで、「桜の花びらの絨毯だ」と言って喜んでいた人もいたよ。
 お城のまわりを1周してからお城の中に入って天守閣にも上ったけど階段はすごく急でハシゴみたいな階段だったよ。 ゆるキャラの《ひこにゃん》のショーもあったみたいだけど、時間があわなくて見る事はできなかったよ。

こんな休憩所も所々にあったよ

昔の城下町の地図

現在の周辺の地図

手前のお堀の水面には桜の花びら、向こうの桜の花はまだ咲いているね

もう少し先に行って振り返った所

城内の桜をズームで撮影

向こうに見える橋を渡って大手門から城内に入る事に…

この橋を渡って城内に…

彦根城内の地図

橋を渡った向こうに桜

入場料一般600円
「パンダ1枚下さ〜い」
山城なので坂道を上って行く

ぐるっと回って、この橋を渡る

《太鼓門櫓》の説明

《太鼓門櫓》の石垣
間に詰めている石が大事なんだね
《太鼓門櫓》の表側

《太鼓門櫓》の裏側
本当だ! 裏は廊下になっている
天守閣が見えてきた「手前の桜の花は散ってきているけどね」

天守閣をバックに桜の花に囲まれて写真撮影

天守閣の中に…
こんな階段は最初だけ
天守閣の説明

井伊直弼さんの像

こんな急な階段を上って行く

矢狭間「ここから矢を射る穴」

鉄砲狭間「ここから鉄砲を撃つ」

天守閣から見た琵琶湖

せっかく、上ってきたので、のんびり、見物

外の景色

また、急な階段を下りて…

下の売店にはひこにゃんグッズ

ひこにゃんショーは終っていた

この辺の桜はまだ花びらも残っているね

《矢狭間》を外から見た所

この桜の木の下の建物はトイレ

こんな風に、まだ、散っていない桜の木もあったよ

188
posted by みせばんパンダ at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 梅と桜の頃のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンダちゃん、楽しそうだね。

「彦根城」は思っていた以上に広いと思ったよ!もしかして
半日、いや一日中遊べるかもしれない?
天守閣からはまさに城下町が眺望できるね。景色いい。

ひこにゃん、「彦根城」の城主だね。
自らショーを行うなんて、フレンドリーだよ。
黄ぐまが遠縁の従兄弟だと語り、手土産でも持って行ったら、
クマだと余計なことも考えず「彦根城」に宿泊の招待を受け、
天守閣で宴会してもらえたりするかも。
それともその場で成敗かな。
Posted by 黄ぐま at 2012年04月28日 14:21
黄ぐまさん、こんにちは

ひこにゃんが「彦根城」の城主とは知らなかったね。
ひこにゃんも地域おこしに頑張っている感じだね。

このあたりは交通の要で、かつて、この近くで
姉川の戦い、賤ヶ岳の戦い、・関ヶ原の戦いなどがあり、
治安維持の為に作ったお城と聞いて見学すると
また、感慨無量だよ。
Posted by Panda at 2012年04月29日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ