2012年01月28日

狸谷山不動院の初不動で笹酒をいただきマンモス<2012.1.28>

こちらが狸谷山不動院の入口でございま〜す

初不動の案内

 狸谷山不動院の初不動にお出かけしてきたよ。 狸谷山不動院は秋祭りの時に行ったけど、初不動の時に行ったのは始めてだよ。 狸谷山不動院の場所は八大神社からさらに東(山の方)に行ったこの辺だよ。
 250段の階段を上がって、午後3時10分頃、本堂に到着すると本堂で祈祷している所だったよ。 祈祷が終るとお目当ての《ガン封じ笹酒接待》は本堂の中の右で行われていたよ。 本尊の不動明王の縁日が毎月28日で1月の初不動は、約290年前に木食(もくじき)上人が滝の水を青竹に入れて病人に飲ませると病気が治った故事にちなんで終戦直後から笹酒として振る舞われる様になったんだって。 護摩の火で温めた長い青竹の筒に入ったお酒を注いでもらえるんだ。
 以前は笹酒を自分で容器を持ってきて持ち帰る事ができたみたいだけど、今は容器に入れて売っているので知り合いのおっちゃんの為に買って帰ったよ。

節分の案内も

左に弁財天さま

階段の段数が表示される様になったんだね「七福神の向こうに大師さん」

126段で約半分

舞台の下まで来て206段

この《男厄坂》を上がると

舞台の入口まで来て250段

午後3時10分頃、本堂に到着すると本堂で祈祷している所だったよ。

【動画】狸谷山不動院の初不動で本堂で祈祷

本堂の中の右で《笹酒せったい》

《ガン封じ笹酒接待》の説明

【動画】狸谷山不動院の初不動で笹酒を注いでもらっている所

護摩の火で温めた長い青竹の筒に入ったお酒を注いでもらえるんだ

【動画】狸谷山不動院の初不動で笹酒を注いでもらっている所

長い青竹の筒でお酒を注ぐ姿が豪快だね

さっそく、健康を願って笹酒をいただきマンモス 御馳走

舞台から見た市中

舞台の《願かけ柱》

順番が逆になったけど本堂でお参り お参り

舞台を反対から見た所

笹酒の持ち帰りについての説明

こちらが持ち帰り用の笹酒

持ち帰り用の笹酒を知り合いのおっちゃんの為に買って帰ったよ

帰りは《女厄坂》から帰ると《宮本武蔵 修行の滝》

《女厄坂》を下りた所から見た本堂

《トイレの神様うすさま明王》というのもあったよ

height=
posted by みせばんパンダ at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このところ、寒い日が続いてます...。
パンダちゃんは250段の石段を上がって、元気一杯
だな〜!石段に段数の表示があるっていうのは親切!

「笹酒」は竹の香りした?
「護摩の火で温めた長い青竹の筒に入ったお酒」、
本当に豪快だね 。
「狸谷山不動院」の無料接待はおだんごだったり、
気前いいね。温めた日本酒、しかも竹の筒で
修験者さんについで貰えて、なんだかとっても羨ましい。

京都のお酒は気品があって深いんだよね。
パンダちゃんは、優しいね。おっちゃん、喜ぶね!
黄ぐまが、さすが黄ぐまのクマ友達だって言ってるよ。
自分も買って帰りたいよ!

京都三大初まいりは、初弘法、初天神、初不動だと
説明書きに書いてあるけど、ソレ覚えました〜
これでまた、エラそうに他人に教えたりできそうだよ!
Posted by 黄ぐま at 2012年01月30日 23:10
パンダちゃんこんばんは。

パンダちゃんはまたあの階段を上ったのですね。
えらい!!
あの階段って、確かに疲れるんだけど本堂に着くころには
なんかすがすがしい気持ちになるよね。

これもパンダ王への修行?かな。

パチが10月に行ったときには段数の表示はなかったよ。

ところで、笹酒のお味はどうだった?
酔っ払って帰り大変だったなんてことはなかった?

諸病退散、無病息災のありがたい笹酒だものね。
おっちゃんもきっと喜んだろうね。

しかし、笹酒をふるまっている山伏さんみたいな
格好の人たちは普段はどこにいるのかな?
パチが行ったときには見かけなかったなあ
と思ってね。
本堂の奥で修行していたのかな。

Posted by パチ at 2012年01月31日 20:58
黄ぐまさん、パチさん、まとめて、こんにちは

京都には色々な行事があるでしょ・・・と言いながら、
初不動は「今度の土曜、何か面白い行事はないかな〜」と
調べて、始めて知ったんだ。
初天神、初弘法と比べると知名度は低いだろうね。
やはり交通の便が少し悪い事もあるからだろうね。

ここでは階段の下から紹介しているけど、
公共交通機関で行こうとすると階段の下まで行くのも
250段の階段を上るのと同じくらい、大変なんだよね。
パチさんは10月に行ったのならわかると思うけどね。

笹酒は、ほんのり竹の薫りがしたよ。
笹酒は何杯飲んでも良いけど、帰りの階段の
足元が心配だったので一杯だけにしておいたよ。

確かに山伏さん達は、普段、どこにいるんだろうね。
生活できそうな場所はそんなにないしね。

いよいよ、2月3日は節分だけど、
あちこちのお寺や神社で行事があるので、
専属カメラマンと、どこに行くか予定を
立てている所だよ。
狸谷山不動院の豆まきはいっしょに籤引き券が
撒かれるので、ここもコースに入れるか?
節分はどこに行くか予想してみる?
おそらく、2ヶ所は予想がつくと思うけど、
今の所、専属カメラマンとあわせて、
2月2日1ヶ所、2月3日4〜5ヶ所
という所だね。
Posted by Panda at 2012年02月01日 07:31
1ヶ所は予想出来てるよ!
「須賀神社」、『懸想文売り』の取材ではない?(勘)

もう1ヶ所は、希望的観測なんですが
「御金神社の節分会」かな〜

>笹酒は何杯飲んでも良いけど
そうなのー。そういうことなら何往復もしちゃうね。
京都の、無料接待とか飲み放題とか食べ放題とか、
なんと響きのいい言葉なんだろう。

パチさんも250段を上がったんですね。
死ぬかと思った?
Posted by 黄ぐま at 2012年02月01日 19:41
 狸谷山不動院の階段にたどり着く前に、とにかく
一乗寺下り松町のバス停から不動院の入り口までで
へばりました。
パンダちゃんの言う通り、大変だったよー。
でも、パチも知り合いに変わってお不動さまにお願いごとを
しなくてはならなかったので、使命感に燃えてがんばりました。
行ってよかったです。


 さて、節分予想ですが、全然予想できないなあ。
なにしろ初心者だから。
パンダちゃんは、昨年は下御霊神社、壬生寺、千本釈迦堂、
熊野神社に行ってるね。

「懸想文」って、人知れず引き出しに入れておくと
容姿がよくなっちゃって良縁に恵まれるってやつでしょう?
パンダちゃん、これ以上かっこよくなったら大変だあ!!!
それに人知れずだから、日記で公開したらご利益ないよねえ。
うーん、難しい。でも見たいな。

パチは個人的には、独特な鬼踊りのある「廬山寺」の
節分が見てみたいなと思います。

ところで、恵方巻きはすでに全国区の行事になっていますが、
京都では昔から普通に食べたものですか?
それとも大阪だけなのかなあ?

パンダちゃんの節分リポート、とっても楽しみにしています。
Posted by パチ at 2012年02月01日 20:46
黄ぐまさん、パチさん、まとめて、こんにちは

まず、2月2日の御金神社は外せないよね。
何しろ無料で巻き寿司が食べられるもんね。

恵方巻きは京都では10年前くらいからだね
騒ぐようになったのは・・・

2月3日は、3ヶ所の豆まきを含めて6ヶ所の節分に
行ったよ(そのうち、2ヶ所は専属カメラマンの方で
紹介する予定)
当日、予定変更した所や節分の行事が行われる一覧表を
持って行って直前に予定変更した所もあるよ。
時間的には、アト、1ヶ所か2ヶ所は行けたけど、
寒かったし、もう限界なので9時頃には帰宅したよ。
Posted by Panda at 2012年02月05日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ