2011年10月02日

秋の花が咲いている智恵光院にお散歩

こちらが智恵光院でございま〜す

 智恵光院には、今まで「枝垂れ梅」「サツキ」「百日紅」の咲いている時に来たけど、秋の花も咲いているというのでお散歩に来てみたよ。 智恵光院の場所は智恵光院一条を少し上がった西側のこの辺だよ。
 まず、本堂の前の《百日紅(さるすべり)》はまだ咲いていたし、《芙蓉(ふよう)》や《槿(むくげ)》《彼岸花(ひがんばな)》などの花も咲いていたよ。 智恵光院は隠れた花の名所と言えるかも知れないね。

本堂の前の《百日紅(さるすべり)》はまだ咲いていたよ

《百日紅》の花のアップ「咲いている花は少なくなっているけどね」

『獅子頭守護石』の前には白い《彼岸花(ひがんばな)》

『獅子頭守護石』の横に白い《萩(はぎ)》「後ろのピンク色の花は槿」

『獅子頭守護石』の反対側には紫色の《萩》

このピンク色の花は《槿(むくげ)》

この白い花は《芙蓉(ふよう)》

本堂の右の建物に続く石畳の道の両側に小さな白い花

この白い花は「玉すだれ」だって



posted by みせばんパンダ at 22:26| Comment(4) | TrackBack(1) | お散歩日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お花が似合うパンダちゃんには、「智恵光院」の四季折々
の花は必須アイテムだね。
大きい花から小さい花まで、さり気なく色々咲いてる〜。
「彼岸花」って白い花もあるんですね!赤が有名でしょ。
でもこの花は葉がないけど、光合成しないんだね?

『獅子頭守護石』って、本当に「獅子」に見える!
カッコ良くない?
そういえば「二条城」にも「ライオン石」っていうのが
ありました。知らなかったのですが、たまたま写した
風景にしっかり写ってたんだよ。
(獅子座なんだ。へへ)

「智恵光院」も京都旅行者にもっと知られるといいのにね。
Posted by 黄ぐま at 2011年10月04日 22:59
黄ぐまさん、こんにちわ

「獅子頭守護石」も「白い彼岸花」もあまり
興味がないかと思って小さな画像で紹介したら
意外と興味があっただね。
小さく表示していてもクリックしたら
大きな画像で見られるので見たい人は
大きな画像で見られる様にしているんだ。

智恵光院は季節によって見所が多くて
ちょっと意外だったんだ。

二条城のライオン石は、今度、行った時に
見てくるね。
Posted by Panda at 2011年10月07日 01:47
Pandaさん

こんにちは!
萩の花咲く智恵光院さんを
拝見で来て嬉しいです。
最後の白い花は
「玉すだれ」ではないでしょうか。
Posted by 雲母舟 at 2011年10月08日 12:01
雲母舟さん、ありがとう

図鑑でも確認したけど、「玉すだれ」で
間違いなさそうなので、説明文でも
「玉すだれ」にしておいたよ。
これからも、よろしくね。
Posted by Panda at 2011年10月10日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

智恵光院通の智恵光院
Excerpt: 西陣を南北に抜けるメインストリートに智恵光院通がある。 その通りの名として親しまれている智恵光院は、浄土宗のお寺さん。 創建は鎌倉時代の永仁2年(1294)。 夏の境内で百日紅が花盛りと、..
Weblog: 雲母(KIRA)の舟に乗って
Tracked: 2011-10-08 17:27

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ