2011年08月13日

送り火の3日前に大文字山に登ってきたよ<2011.8.13>

銀閣寺の入り口の前の道を左の方に行く

八神社の前を右に曲がると後はほぼ道なり

最初の分かれ道の道案内

 8月16日の大文字の送り火の日の早朝、多くの人が大文字山に登るけど、人が多い所は苦手なので3日前の夕方に大文字山に登ってきたよ。
 行き方は、銀閣寺の入り口を左に行くと八神社に突き当たるので、そこを右に曲がって、後はほぼ道なり。 2〜3ヶ所、分かれ道があるけど、標識があるのでそれに従って行けば良いんだ。 ちょっとわかりにくい分かれ道があるけど、橋の方向に小さな道案内があるので、そちらの方向に行くと急な階段や坂道が続いて、ちょっと大変だけど、大人のパンダなら30分くらいで登れるという事だったけど、写真を撮ったり休みながら登ったので35分程で登れたよ。
 下から見て、大文字の大の字の中央に小屋が見えるけど、弘法大師さんを奉る祠なんだよ。 大の字付近から何枚か写真を撮ってきたので、ちょっと曇り気味だったので、街中や西の山はあまり綺麗に見えなかったのはちょっと残念だったけどね。
 大の字付近に30分程いて、下りたけど、下りるのは登る時より2割くらいは時間が短いかと思ったけど、石ころだらけの坂道を転ばない様に下りるのは思った以上に膝がガクガクになって、途中、休みながら下りたので、結局、登った時と同じくらいの時間がかかったよ。 今回は階段と坂道の混合だったけど《死ぬかと思った階段シリーズ》の番外編として追加する事にしたよ。

イノシシが出るという注意書

この辺は緩やかな坂道

苔のはえた石垣

小さな子供連れも下りてきた

ここだけ、ちょっと迷いそうになる分かれ道

橋の階段の所に小さな道案内

橋を渡ると急な階段や坂道

こんな階段や

こんな石ころだらけは歩きにくい

この階段(150段程)が
最後かと思ったら甘かった

さらに坂道があって
この階段(50段程)が最後

階段を上がり切るとこんな景色

大文字の大の字の中央に小屋が見えるけど、こんな弘法大師さんを奉る祠なんだ

これが《大》の字の交差する所の火床なんだ

【動画】大文字山の大の字の交差するあたりから火床や街を見た所

《大》の字の横棒の右側の火床だけど、直線ではなく、ガタガタしているね

《大》の字の右下の部分の火床「送り火に備えて雑草は刈られているね」

街中を見た所だけど、曇り気味なので霞んでいるね

帰る前に《大》の字の横棒の左端から見た所

【動画】大文字山の大の字を左端から全体を見た所

【オマケ】建勲神社から見た大文字の送り火<2012.8.16 撮影>



posted by みせばんパンダ at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 死ぬかと思った階段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「大文字山」の火床は“ストーンヘンジ”みたいに
なってたんだね。「これが大文字の仕掛けか!」
って苦労して登ってもその甲斐がある訳だ!

きっとそうだろうと思っていたけど、近すぎるとなんだ
かわからないのが、火を点けてみると遠くから見て
「大」に見えるんだね。
ここからだと、さすがに景色もいいし、深呼吸したく
なるよ。

「五山送り火」は供養のために行われるそうだけど、
大きな字や形は遠い空の彼方からも見えるだろう
から、しっかり供養の気持ちが伝わりそうだね。
「五山送り火」って普段はランドマークになってたの
もいいものだって思ったよ。

実は黄ぐまも先週、郊外に遊びに行って展望台
を発見し、登ったんだ。長い階段と坂で、足は
ガクガク、まだかと思うと次また階段が見えたり、
帰りもいい気になって歩調早めるもんなら勢い
ついて転がりそうになるし、展望台を舐めたことに
後悔したよ。やっぱり片道30分位だったと思う。

よし、もう大丈夫。「大文字山」に登るためのリハー
サルしたから。「銀閣寺」の入り口で準備運動も
忘れずに、黄ぐまも登って「大文字山」とその絶景を
独り占めしに行こ〜っと!
Posted by 黄ぐま at 2011年08月15日 22:17
黄ぐまさん、こんにちわ

黄ぐまさんを「感心させる」「飽きさせない」為には
「隠れた面白いスポット」も紹介しないといけないけど
今回の大文字登山は面白かったでしょ。

銀閣寺の入り口から30分ほどで大の字まで
行けるというのは意外に近いでしょ。
ここからなら夜景も綺麗だけど、夜に登る時は
懐中電灯が必要だよ。
今回は紹介していないけど出発してまもなくの所に
美味しい湧き水が流れ出ている所もあるよ。

大文字の送り火など夜のイベントはツーショットで
写真を撮ってもほとんど写らないので、こちらでは
紹介しないけど、専属カメラマンの方で、夜の
イベントの力作を紹介しているよ。
Posted by Panda at 2011年08月16日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ