2011年07月24日

琵琶湖のリゾートホテル《エクシブ琵琶湖の1日目》

湖岸の通りから見た《エクシブ琵琶湖》

《エクシブ琵琶湖》のエントランス

 琵琶湖のリゾートホテル《エクシブ琵琶湖》に1泊2食付きのお得なプランで利用した1日目のレポートだよ。 ホテルに来る途中に立ち寄った長命寺や琵琶湖東岸の景色などは、こちらで紹介しているよ。 エクシブ琵琶湖の場所は米原の琵琶湖畔沿いのこの辺で〜す。

 ホテルに到着したのは午後6時半頃で、チェックインして部屋に入ったんだ。 部屋は、8階の北側で、琵琶湖が一望できて、涼しい風が吹いていたよ。 ツインのベッドと6畳の和室がある和洋室の部屋だったよ。
 夕食は午後8時からなので、部屋でリラックスしたり、テレビを見たり、ブログの整理をしたりして、8時になってから、2階の和風レストラン日本海に行ったよ。

部屋の様子「ツインのベッドと6畳の和室の和洋室だったよ」

ベランダの外の景色「8階の北側で琵琶湖が一望、涼しい風も吹いていたよ」

部屋でテレビを見たり、リラックスしたり

和風レストラン日本海の入口

入口を入ると石庭

 午後8時になったので2階の和風レストラン日本海に行くと入口に石庭があったよ。 受付で部屋番号を言うと席に案内されたんだ。 席には箸と献立表が置かれていて、ウェイトレスさんは和服姿なんだ。 席に座ると、まず、「アレルギーとかで食べられない物はありますか?」と聞かれたので「別にないよ」と言うと、次から次にお料理を持った来たんだ。
 正直に言って、今回のプランは普通ならルームチャージの料金で2食付きなので、あまり食事の質は期待していなかったけど、なかなかの料理なのでちょっと驚きだったよ。 1つ1つの量は少ないけど、種類が多く、すべて説明できないけど(すべて覚えていないし)、献立表を見ながら紹介するね。 ただ、あまりに次から次にお料理が出てきたので焦ったのか、一部、手ブレしている写真があるのでご勘弁を〜

テーブルに箸と献立表

ウェイトレスさんは和服姿

《モダン新和食夕なぎ御献立》

前菜「冷たい茶碗蒸しは夏らしくて美味しかったよ」いただきマンモス 御馳走

《鰻笹巻き寿し》と《鮎素麺》
「鰻笹巻き寿しはパンダ向け?」「鮎は塩焼きではなく鱧の様に甘辛く煮ていたよ」

鯛、鮪、生しらすのお造りとイカ素麺「竹の涼しそうな器だね」

すずきの黒酢焼き「うにのソース」

11種類の夏野菜

温物「近江牛、三豊茄子、焼豆腐、花山椒の煮つけ」

ちりめん山椒、御飯、香の物、赤だし「おかわり自由だけどダイエットの為に我慢」

店内の様子「終了間際なのでお客さんはほとんどいないね」

デザート「きなこアイス、南高梅とか、少し凝った所が面白いね」

ふかふかベッドでおやすみなサイダーおやすみ

 約1時間半かけて食事をして、疲れたので、部屋に戻ってベッドに入って、起きたら12時過ぎで、温泉大浴場は12時までなので温泉大浴場には入れないので、部屋のお風呂に入ってから、ふかふかのベッドでおやすみなサイダー。
 何か今日は疲れたな〜  やっぱ、馴れないお料理を食べたからかな〜  2日目の様子は、次の日記に書くね。

posted by みせばんパンダ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | お泊り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
琵琶湖の景色も涼しさも、京都の避暑地の様な存在
なのでしょうか。確かにリゾートだよね。

「ルームチャージの料金で2食付き」ム、本当ですか?
かなり豪華なディナーで、そのような価格で、お弁当形式
でもなく、バイキングでもなくコースっていうところからもう
違います。『エクシブ琵琶湖』、会員制のホテルとは、
こうも違うものなんですかね。
普通は、ホテル内のレストランでこういう食事をしたら
宿泊費に準ずる料金となるよ。よく調べなくて京都の
ホテルで何度かそういう羽目に陥りそうになり、夜は
コンビニ弁当だったりしたよ。もしくは直近に「○○壱」
があり、逃げ込んだりね。(リアル!)

至れり尽くせりです、ね〜。
夏でも涼しく食べられる工夫があって、食欲がそそられるよう
考えてありますね。“遠くからわざわざいらっしゃったお客さん
のためモード”、そういうのをリゾート気分っていうのかな。

それにそれに、やっぱり!というか、
「琵琶湖」→「滋賀」でちょっとだけ連想したのですが...

「近江牛」!!
滋賀県といえば〜、「牛」「ギュー」!
一度は食べてみたかった。「近江牛」さんこんにちは。
ただ焼いただけではなく、煮つけの味付けも良さそうです。
画像を見ていると、あっ、また幻臭が。いい〜におい〜
本当に、全てに期待を裏切りらないですね〜!!
Posted by 黄ぐま at 2011年07月26日 21:10
黄ぐまさん、こんにちわ

京都は海が遠いから琵琶湖で
水泳、魚釣り、キャンプという人は多いね。

このホテル系列について書き始めると話題は尽きないけど
この「エクシブ琵琶湖」は「エクシブ京都八瀬離宮」が
出来た影響もあってか、ちょっと空き室が多くなってきて
いたんだ。
また、最近の景気の悪さの影響もあって収益が悪くなって
きていたので、上の方から「利益率のアップの為、
食材の仕入れ価格の削減や人件費の削減」の指示が出ていて
「料理の質が悪くなった」という噂も聞くようになっていたんだ。
だから、お料理の質もあまり期待していなかったんだけど、
「おっと、どっこい」って感じだね。

収益が悪くなったと言って、お料理の質を落としたんじゃ
逆効果だよね。勝手な想像だけど、おそらく、ここのホテルの
支配人は上からの指示に逆らって「良い物を安く提供すれば
お客は来る筈」って感じで、こんなプランを作ったんだろうね。
同じ系列のホテルでも、こんなプランはここだけなんだ。
このプランは土曜、休前日は使えないので、
今回は金曜に泊まったんだ。
このプランはお得なので8月の末にも行こうと思って
予約を取ったよ。

今回の料理は近江牛がメインじゃなかったけど、
さりげなく、近江牛を使う所が粋だね。
近江牛をメインに食べたい人はホテル内に
「焼肉レストラン 近江亭」もあるんだよ。

>“遠くからわざわざいらっしゃったお客さんのためモード”、
>そういうのをリゾート気分っていうのかな。

そうだね、ちゃんとパンダ向けに《鰻笹巻き寿し》を
出してくれた心遣いも気に入っちゃったね。
Posted by Panda at 2011年07月27日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。