2011年05月21日

カキツバタの咲いている大田神社にお散歩<2011.5.21>

こちらが大田神社の入口でございま〜す

大田神社の鳥居「右手に大田ノ沢の入口」

 カキツバタの咲いている大田神社にお散歩してきたよ。 大田神社の場所は上賀茂神社の東に徒歩約10分のこの辺だよ。
 大田神社の鳥居の右手に「大田ノ沢のカキツバタ群落」があって、その入り口には「大田沢カキツバタ育成協力金お一人様300円の御協力をお願い致します」という立て看板と賽銭箱があるんだよ。
 本殿でお参りした後、カキツバタを見学したよ。 カキツバタはピークはやや過ぎていた感じだけど、まだまだ、たくさん咲いていたし、多くの人が見学に来ていたよ。 見頃の頃には観光バスで見学に来る人もいるみたいだけど、ピークを過ぎていたからか、今日は観光バスのお客さんは来ていなかったよ。

鳥居をくぐって、まっすぐ参道を歩くと本殿

本殿でお参り 参拝

大田ノ沢の入口「300円入れて」

大田ノ沢とカキツバタの説明

「大田ノ沢のカキツバタ群落」を見渡した所「満開ならもっと見事なんだろうね」

【動画】「大田ノ沢のカキツバタ群落」の全景(2011.5.21)

カキツバタのアップ「萎れている花びらもあるね」

しばし、カキツバタを眺める「お天気も良かったし、心地よい日だったよ」

【動画】大田神社の横の「大田ノ沢のカキツバタ群落」(2011.5.21)

楓の種とバックにカキツバタ

posted by みせばんパンダ at 21:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「大田神社」のカキツバタは、旅行ガイドで紹介
されていました。こちらのカキツバタが尾形光琳
の『杜若花図屏風』(有名)のモチーフだって。
下鴨神社の光琳梅が『紅白梅図屏風』のモデル
だったり、尾形光琳といったら『風神雷神図屏風』
が超有名ですよね。建仁寺にレプリカがあったよ。

ネットやガイドブックでは、なかなか親しみが
湧かなかったりしたのが、パンダちゃんの生の
目線での紹介は生きた情報だね。大助かり〜。
「大田神社」のカキツバタも見に行ってみないと。

パンダちゃんファンは止められないよ〜。
Posted by 黄ぐま at 2011年05月24日 19:45
こんばんは〜。
満開でなくても清楚で美しい景色ですよ♪
そっと眺めていたくなるね(*^-^)
Posted by みに at 2011年05月25日 23:36
黄ぐまさん、こんにちわ

尾形光琳さんが大田神社のカキツバタを見て
絵を描いていたとは知らなかったね。
もし、尾形光琳さんが大田神社に見に来ていた時に
パンダの先祖が遊びに行っていたら、
尾形光琳さんの絵にパンダが描かれていたかも
知れないね。

葵祭の頃がカキツバタの満開の時期だろうね。
Posted by Panda at 2011年05月26日 06:55
みにさん、こんにちわ

そうだね。十分に綺麗だったよ。
ちょうど、みにさんが京都に来ていた頃だよ。
大田神社は上賀茂神社の近くなので
交通の便はちょっと悪いけどね。
Posted by Panda at 2011年05月26日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ