2011年04月29日

鳥羽水環境保全センターの藤の一般公開にお出かけ<2011.4.29>

鳥羽水環境保全センターの一般公開の入り口

出入り口から入ると会場行きのバスが待機

 鳥羽水環境保全センターの藤の一般公開が2011年4月28日〜5月1日(10:00〜16:00)に行われるというのでお出かけしてきたよ。 一般公開の時は、道案内に従って行くと、通常の出入り口より西のこの辺だったので、こちらから入ったよ。 出入り口から入ると会場行きのバスが待っていたので、これに乗って藤棚の会場に行ったんだ。バスに乗るのは久しぶりだったよ。
 バスに乗って数分で会場の入り口に着いたけど、最初に入った出入り口と反対の東側にあり、自転車、バイク、徒歩で来る人は、こちらから入った方が良いみたいだね。
 藤の花の方は見頃にはちょっと早かったみたいだけど、藤棚の下を歩いたり、途中のベンチで休憩したりしたよ。 休みの日には京都駅八条口アバンティ北側から直通バス(片道100円)も出ているよ。例年、500ccアルミボトル入りの水(疎水物語)のプレゼントがあるんだけど、今年は東日本震災の被災地に送ったので一般公開でのプレゼントはないんだって。 ちなみに、鳥羽水環境保全センターというのは下水処理施設だけど、特に臭いとかしなかったけど、これは気温や風向きによるみたいだね。

バスに乗って東側の会場の出入り口に到着
入口の左側が駐輪場なので、自転車、バイク、徒歩の人はこちらから入れば良いよ

入口でパンフレットをもらう「水(疎水物語)のプレゼントは今年はないんだって」

ここから藤棚が始まるんだ

こんな藤棚の下を歩いたり

藤棚の下のベンチで、くつろいでいる人もいるね

このあたりの藤も良い感じだね

藤の花に囲まれて写真撮影

この辺はつつじが咲き始めていたね「向こうに見えるのは下水処理施設」

こんな藤棚が続いているんだよ

手前のピンク色は芝桜、向こうに藤棚

敷地内にはこんなお庭もあったよ「年に1回だけの一般公開じゃもったいないね」

posted by みせばんパンダ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 花の咲いている風景のお散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当です。年に一度の公開じゃあもったいない。
藤もGW一杯、公開して貰いたいところですね。
京都で藤の名所というのはほとんど聞かなかった
ですが、期間限定で公開する場所があったとは。
パンダちゃん、藤の花の服を着てるみたいで、
すごくビューティフルパンダじゃない!
バスに乗ってるパンダちゃんもなかなか。
前の小さい女の子がキュートなパンダちゃんに
ラブコールならぬ熱い視線を送ってる!
ちなみに黄ぐまは、藤も芝桜も大好きなんだよ!

ムム、「市バス」さんだ。いつもお世話になって
おります。
ということは、「鳥羽水環境保全センター」は
京都市の運営ってことかな。
京都市はすごいね、運営体の連携っていうか
市バスを送迎バスにしっかり駆り出すところ
なんかは感心するなあ。
「京都市交通局」も、この連休で大変なんだから、
送迎車は勝手に「鳥羽水環境保全センター」さんで
マイクロバスでも手配してよ〜
なんて言わず、考えず、バス回してくれちゃうんだね。
いや、感動した...(変なヤツ。)

他の自治体は必ずしもそうじゃないって気がします。
京都って、そういうところが出来てるんだよね〜。
だからだな〜、一時期、(JR)時刻表から始まって
京都市バスや京都鉄道路線図に一晩中はまりまくり、
「時刻表見るの止めますか、人間辞めますか。」
になったのって。
Posted by 黄ぐま at 2011年04月30日 14:45
黄ぐまさん、こんにちわ

我ながらバスに乗っている姿はサマになってるね。
パンダが、毎日、バス通勤したら話題になるかもね。
黄ぐまさんは、そんなに京都市バスマニアなの?
市バスはたまにしか乗らないけど、たまに乗ると
料金の入れ方とか、戸惑う事があるんだよね。

鳥羽水環境保全センターはテーブルやベンチがあったり
綺麗に整備されているので、年1回だけでなく、
もう少し公開して欲しいよね。
Posted by Panda at 2011年05月01日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198492270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ