2011年03月03日

市比売神社の《ひいなまつり》にお出かけ<2011.3.3>

こちらが市比売神社でございま〜す

《市比売神社》の境内には多くの人

 3月3日は《市比売(いちひめ)神社》の《ひいなまつり》にお出かけしてきたよ。 《ひな祭》じゃなくて、《ひいなまつり》と言うらしいんだ。 《市比売神社》の場所は河原町五条下がって一筋目を西に入った南側のこの辺です。
 外から見るとビルで「どこが市比売神社?」って感じだけど2階から5階までレディースマンションになっていて京都の学校に通う地方の信者の娘が入居しているんだ。 ここからだと京都女子大学は歩いて行けるだろうね。
 ビルの1階が社務所になっていて、奥に本殿があり、市比売神社はすべての女神様をお祀りしていることから女性の守り神とされ、女性すべての願い事にご利益があると言われていて「女人厄除け」の神として有名なんだよ。
 《ひいなまつり》という事で境内には多くの人が来ていたよ。 御神籤・御守売場も多くの人で、だるまの中におみくじが入った《姫みくじ 600円》が(特に女性に)人気があって、だるまに願い事を書いて手水鉢の上に置いてゆくだ。 市比売神社では井戸水を汲み上げていて美味しいという事で近所の人も汲みに来るんだよ。
 近くの「ひとまち交流館」でも《ひいなまつり》のイベント(午後1〜4時、千円)が行われていたが、そちらは行かなかったけど、境内にはお雛さんが展示されていたよ。

御神籤・御守売場にも多くの人

《姫みくじ 600円》も人気

正面右に本殿「境内が狭い事もあり、珍しく本殿は北向きなんだ」

《ひいなまつり》の案内

境内には着物を着た女の子も

《ひいなまつり》なのでお雛さんが展示されていたよ

奥の植松稲荷社で参拝「ムニャムニャムニャ」 参拝

植松稲荷社の横の手水鉢の上に姫みくじのだるまに願い事を書いて置いて行くんだ

この蛇口から井戸水が汲めるんだ

胡蝶蘭も飾られていたよ

posted by みせばんパンダ at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「市比売神社」は、ビルが信者さん関係者
(しかも学生さん)の住居と聞いて何か安心したね。
知らなかったら、ビルと合体しているから、普段
お参りに来てもちょっと躊躇しちゃいそう。
「ひいなまつり」、とてもかわいらしい。男性の
参拝者も結構来ているね。

お雛様って、関東と関西では「男雛」と「女雛」
の位置が反対なんだって聞いたよ。
京都のお雛様は、本当だ!「女雛」が向かって
左になってますね。(関東だと向かって右だよ)

おや!ポスターで「いちひめ雅楽会」というのが
目に入ったんだけど、無料で雅楽の定期公演が、
ななんと京都御苑の向かいの「金剛能楽堂」で
あるんですかー。それはちょっとすごくない?
Posted by 黄ぐま at 2011年03月04日 21:05
黄ぐまさん、こんにちわ

「市比売神社」は河原町通りに派手な案内が
ある割に神社は小さく、面白いよ。
いつもはこんなに参拝者もいないし、
2〜3人いたら良い所だよ。
「ひとまち交流館」では人間が舞台でお雛さんに
なっているんだって。「ひな壇」の元祖だね。

いつも細かい所までチェックするけど、
「男雛」と「女雛」の位置とか、
京都御苑の向かいの「金剛能楽堂」とかは
よく知らない情報だったね。

この日は他に智恵光院にも行って、
この前の日記に見頃になった枝垂れ梅の
写真も追加しておいたので、そちらも見てね。

Posted by Panda at 2011年03月05日 15:10
女性すべての願い事にご利益がある「女人厄除け」の神(*゚v゚*)
こりゃ、興味津々。
私もお参りしたいな〜。
ビルの1階かぁ、知らないと行けない場所だね。
Posted by みに at 2011年03月07日 21:28
みにさん、こんにちわ

「市比売神社」は小さな神社だけど
「知る人ぞ、知る」って感じだね。
ノブローくんもララメイをエスコートしたら
ポイントが上がるかもね。
Posted by Panda at 2011年03月10日 02:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188795807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ