2011年02月25日

ロンドンヤ《ロンドン焼10個525円》

こちらが《ロンドンヤ》でございま〜す

ロンドン焼を作っている所

 《ロンドンヤ》に行ってロンドン焼を買ってきたよ。 《ロンドンヤ》の場所は新京極四条を少し上がったこの辺です。
 《ロンドンヤ》では今でも回転する機械でロンドン焼を作っているという事なので行ってみたんだけど、レトロな機械がカタンカタンと音を立てながらロンドン焼を作っていたよ。ただ、調子が良くなかったのか、横に人が付いていて、何か入れてたよ。
 《ロンドン焼10個525円》を買って食べたけど、ロンドンヤの紹介のページに『白いあん入りの一口サイズのカステラ饅頭』と書かれていた通り、見た目は小型の《大判焼》だけど、食べたら《もみじ饅頭》系の味だね。 大きさは、ロンドン焼2〜3個と大判焼1個と同じくらいのボリュームじゃないかな〜
 正直な感想として、「白あん」だけじゃなくて、「黒あん」「カスタードクリーム」の3種類くらいあっても良いんじゃないかと思ったし、「カスタードクリーム」味のロンドン焼も食べてみたい気がしたね。 レトロで「昔ながら」を守るのも大事だけど、新しいものにチャレンジして欲しいね。

ロンドン焼を作っている回転する機械

《ロンドンヤ》のショーケース

《ロンドン焼》をいただきマンモス 御馳走

【追記】
 ロンドン焼を作っている回転する機械で「生地を充填する所」「餡を入れる所」「ロンドン焼を裏返す所」がよくわかるアップの動画を別のカメラで撮影してきたので紹介しておくね。

【動画】ロンドン焼の機械で「生地を充填」「餡を入れる」「回転」する所

posted by みせばんパンダ at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | お菓子のレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「パンダちゃん、それ全部一人で食べるの?黄ぐま
にも1コちょうだい!」黄ぐま、意地汚いので、
パンダちゃんがいただきマンモスするお菓子に、
興味深々。手を伸ばせば一つ取れちゃいそうだね。
パンダちゃん、黄ぐまの黄色い手が伸びてきたら、
ぱしっとはねのけてやってね。

しかし「ロンドン焼き」というのは、一度聞くと
耳に残り、覚えやすいネーミングだね。

自分は実は、広島のもみじ饅頭が好きなんですが、
あの形は饅頭の餡と生地の最適な美味しさを追及
するための方程式に基づいた形だね。
そこいくとロンドン焼きも、そのほど良い大きさが
白あんの持ち味をグッと引き出すために、考えに
考え抜かれた大きさなんだ、と思うよ、きっと。

人が焼いているのではなく、機械が焼いているのは
壮大なロンドン焼き開発計画があったに違いないよ。

その証拠に、レトロな雰囲気漂うお店のショーケース
の中の商品、ストックの多さに「売れちゃってるよ〜」
の自信が伺えるね。
お客(ロン)ドンと来い!ではありませんか。

ついついロンドン焼きに、はまった様な...。
Posted by 黄ぐま at 2011年02月25日 19:25
黄ぐまさん、こんにちわ

実は10個入りが最小単位かと思って買ったんだけど、
後で写真を見たら「1個53円」で1個単位で買えるんだね。

流石に10個を一度に食べられないので、3回に分けて
今も食べながら書いているけど、確かに、もみじ饅頭を
イメージして食べれば美味しいね。

形から、外がカリッとしている「大判焼」の小型を
イメージして食べたので、「ちょっと違うな〜」という
感じだったけど、もみじ饅頭系の味なんだね。
でも、カスタード味のロンドン焼も食べてみたいけどね。

今度、京都に来たらロンドンヤも行きたいリストに
入れておく? 行きたい所が多くなって、
すべて行くと何日かかるだろうね。

Posted by Panda at 2011年02月25日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ