2011年02月06日

御香宮神社の御弓始め神事にお出かけ<2011.2.5>

こちらが御香宮神社の鳥居でございま〜す

境内に入ってもやっている様子はない

 《御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)》の《御弓始め神事(おゆみはじめしんじ)》にお出かけしてきたよ。 《御香宮神社》は国道24号線沿いのこの辺だよ。
 毎年2月卯日に御香宮神社で行われるという事で「午後2時から」と書いてあったので、ちょうど午後2時頃に行ったら御弓始め神事が行われている様子はないんだよ。 「これから始まるのか?」「もう終わったのか?」。 おじさんの話を横で聞いているとこれから始まるみたいで、昨年までは午後2時からで、今年も午後2時からと午後3時からの2通りの案内がされていたんだって。
 仕方がないので、本殿で参拝したり、境内をお散歩して時間をつぶしたんだ。 御香宮神社は【御香水】と言って美味しい水が(無料で)汲めるので水を汲みに来ている人もいたよ。 また、境内では白梅も咲き始めていたよ。
 そろそろ、退屈してきた頃、本殿で神事があった後、ようやく、午後3時半頃から矢を射り始めたんだ。

《御香宮神社》の本殿で参拝 参拝

【御香水】を汲みに来ている人

境内では白梅も咲き始め

狛犬さんには小さな角(ツノ)

まだかな〜 そろそろ、退屈 退屈

ようやく、始まったよ

的は『鬼』を逆に書いた文字

そんなに簡単に当たらないみたい

 御香宮神社の御弓始め神事は江戸時代から行われていて、『鬼』を裏返しに文字を的に矢を射る神事で、厄払いの意味もあるらしいんだよ。
 2人が交互に矢を放つんだけど、慣れていない人が矢を射っているみたいで、なかなか当たらないけど、二本の矢が当たるまでやるんだって。
 ようやく、的に二本の矢がささると、本殿に戻って神事が行われて、その後に的の前で関係者のみなさんで記念写真を撮っていたよ。

終わった後、本殿で神事

こちらが『鬼』を逆に書いた的に当たった二本の矢

その後に的の前で関係者のみなさんで記念撮影 撮影

posted by みせばんパンダ at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | お祭や行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
的の字はなんと読むのだろう?と思ったら、
そうか「鬼」がひっくり返っているんだね。

案内の時間が2通りになってたなんて、すごく
のんびりしてるけど、ほのぼのしてるね。
矢があたると、みなさん満面の笑顔。
宮司さんを始め、地元のおとうさん達の和やかな
空気が素敵だね。「御香水」が格別だからかな。

この辺りは「伏見」だね。言わずと知れた酒処。
「黄桜」とか「月桂冠」が有名だからかな?

伏見って強力に洗練された場所なのかと思ってました。
でもこの辺りは想像と違って素朴な雰囲気なんだね。
行けばゆったりと出来そうで、またまたいいこと
知っちゃった!

ところでパンダちゃん、黄ぐまピンチ!
「2月卯日」というのは来年は2月なんにち
になるんだろう?調べても頭悪くてわかんないー。
Posted by 黄ぐま at 2011年02月17日 23:03
黄ぐまさん、こんにちわ

このあたりは美味しい水がある事から
伏見の清酒の酒造メーカーも多く、
無料で水を汲める所も多いよ。
黄桜の展示館のカッパカントリーでも
無料で水が汲めるよ。

実は、この近くに「銀座町」があるんだよ。
あちこちに東京の銀座の真似をした銀座があるけど
(結構、有名になったのが「軽井沢銀座」)、
こちらは東京の銀座より前にあったんだよ。
銀座は今で言うなら銀貨の造幣局のあった所。
伏見の銀座町は商店街の離れの住宅街だよ。

そして、京都市内には、ここ以外に「**銀座」などと
名前の付く所はないんだよ。
「東京の真似なんかしないよ」という意地だろうね

卯の日は、12日ごとに来るので、
2011年2月5日から数えて
30回後が2012年1月31日
31回後が2012年2月12日
だよ。
Posted by Panda at 2011年02月18日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186290327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ