2011年02月04日

節分で賑わう壬生寺にお出かけ(新撰組ゆかりの地)<2011.2.3>

こちらが壬生寺の東門でございま〜す

回転焼1個80円

 節分で賑わう壬生寺にお出かけしてきたよ。 壬生寺の近くに行くと交通規制がされ、露店が並んでいて、こんなに賑やかだとは思わなかったよ。 壬生寺は表通りに面していないので、ちょっとわかりにくいけど、四条大宮から南西に徒歩10分弱の所のこの辺です。
 《千本釈迦堂》に行った後、こちらに来たので「暖かいものが欲しいな〜」と思っていたら東門の近くに『回転焼1個80円』を売っていたので参拝は後にして、まず、「カスタード」を買って食べたよ。 回転していないし、大判焼と(味も形も大きさも)同じだったけど、80円は安いね。
 その後、境内を散策すると古いお札をベルトコンベアに乗せて2階まで運んでいたよ。何か面白かったね。
 壬生寺では《厄除ほうらく》が有名らしくて、素焼きのお皿に願い事を書いて奉納して割ってもらえれば願い事が叶うんだって。
 『壬生狂言』をやっていて無料だったけど、次の上演はいっぱいで、その次の上演となると1時間以上、待たないといけないので諦めたよ。

『回転焼』をいただきマンモス

古いお札をベルトコンベアで…

《厄除ほうらく》願い事を書いて奉納して割ってもらえれば願い事が叶うんだって

《壬生寺》の本堂「こんなに賑わっているとは驚き」

《壬生寺》の本堂には両側に『鈴』、中央に『銅鑼』があったよ

参拝 《壬生寺》の本堂で参拝

『壬生狂言』を鑑賞の為の列

こちらは《壬生寺》の南口

新撰組隊士墓《壬生塚》の入り口

 帰りに新撰組隊士墓《壬生塚》に入ってみたよ。 ここには近藤勇さんや芹沢鴨さんたち、11人の墓碑があるんだよ。
 一時、新撰組は壬生寺を演習場所として使っていて、武芸や大砲の訓練などをしたので、壬生寺や近所の人から苦情もあっんだけど、沖田総司さんは子供達を集めて遊んだり、相撲興行を壬生寺で企画したり、壬生狂言を楽しんだり、親しまれるように努力もしていたんだって。 新撰組は《くろ谷 金戒光明寺》で結成され、その後、《壬生寺》で活動し、『池田屋騒動』の後、大世帯になったので《西本願寺》にお引越しをしているんだよ。

ここから先は100円

中に入ると橋

壬生塚案内図と池の中の竜神像

芹沢鴨さんと平山三郎さんの墓

真ん中が河合耆三郎さんの墓

撮影 近藤勇さんの胸像と絵馬

壬生寺と新撰組について

新撰組顕彰碑

百度石

壬生塚に咲いていた椿とパンダ

img src=
《京都の神社・寺で行われる節分祭》の地図

より大きな地図で 京都の神社・寺で行われる節分祭 を表示
posted by みせばんパンダ at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 節分の行事にお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「壬生寺」の節分、本当だ。混雑してる。
「厄除ほうらく」って奉納して割って
もらうのか〜 割るVer.の絵馬だね。
間違って持ち帰ったら、願い叶わずだった
んだね。
古いお札は役割を終えたら、上に登って
いくなんて、これまた縁起がいい。

「絵馬」!なんて新撰組っぽいんだ!
思わずおみやげに持ち帰りたくなるよ。
(するとまた、願い叶わずだね。)

近藤勇さんが、パンダちゃんに一言。

「賢そうなかわいいパンダが来とると思ったら、
これが話に聞く、みせばんパンダか。」

銅像の、宮本武蔵さんや、立場を乗り越えて
坂本龍馬さんや中岡新太郎さん達とひそひそ話
をしてるんだって。
パンダちゃん人気者だね!
Posted by 黄ぐま at 2011年02月10日 23:11
黄ぐまさん、こんにちわ

実は、Panda も「厄除ほうらく」を始めて見て
後で調べて「割ってもらう」って知ったんだ。
何か書いて奉納していたのは横で見てわかったけどね。

そういえば、近藤勇さんと坂本龍馬さんは
仲が悪かったんだね。
今度、会った時、「仲良くしなよ」と行ってみようっと。
Posted by Panda at 2011年02月12日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184926977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

飛び先で色々なブログが紹介されています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ